心と体

1日3食派、それとも1食派 ? さて判定は-

(2012.10.19)  たまには、こういうヒマダネもいいのではないか。「AERA(アエラ)」の10月22日号におもしろい健康記事( 写真 )が出ていた。

 1日夕1食。それも量は腹6分目。肉は食べない。空腹が人を健康にする

という今話題のイケメン南雲吉則医師の「若く見える」体験的健康法がいいのか。

 それとも、従来よく言われている

 1日3食、バランスよく好きなものを食べて「若返る」健康法、小太りが一番長生きする

という美容外科や長寿食事法で知られる高須克弥医師の健康法が、いいのか。高須さんは、1日1食は絶対にやめてと、件の新著( 写真下 )で訴えている。この本のまえがきにもあるが、「食べたいものを好きなだけ食べる」健康法といってもいいだろう。

 3人の医師に第三者の立場で判定してもらおうという企画である。

 Image1099 結論を先に言えば、南雲さんには悪いが、「1日1食+晩酌」派のブログ子が思うに、食べることを制限する「食べない」健康法は、いかに正しくても、よほどの強制力が働かない限り、その実践が伴わず、成功はしないということだ。南雲さんのような意識や知的レベルの高い人だけに有効な方法なのだ。俗人には到底無理。アメリカの禁酒法が長続きしなかったように、この健康法は、人間は聖人ではないということを忘れている。三日坊主の仏様健康法なのだ。

 これに対し、「好きなだけ食べる」高須健康法は、若返るかどうかは別にして、人間の欲望に沿ったものであり、たとえそれが多少いかがわしくても、長続きする。結果的に多くの人に効果がある。好きなものをバランスよく食べればいいというだけなら、バランスはともかく、俗人にもできる。世の中に小太りが多いというのも、この楽チン健康法のせいなのだ。何を食べてもいいと言ってほしい人のための健康法だから、バランスの取り方をあれこれアドバイスしさえすれば、あらかた効果がある。

  もっとも、命は短くてもいいから「若く見せたい」健康人生がいいのか、小太りでかっこ悪くても若返って長生きするのがいいのか、それはその人の生き方の選択だろう。

 ブログ子の人生観は、若く見えなくてもいい、若返らなくてもいい、その代わり、毎日ときめきのある暮らしがしたいというもの。

 さて、結論は出たが、3人の判定人のさまざまな項目ごとの評価は、おおむね、半々で、なかなか勝負はつきそうにない。

 ただ、ひとつ、

 肉は食べない

というのは、3人の判定人ともに、ダメ出しをしていた。菜食主義者にはショックだろう。

 乳腺外科医の南雲さんが、肉は食べないというのは、

 食べると乳がんになりやすい

というのが理由らしい。専門家らしい判断だ。

 一方で、肉を食べないと、脳卒中になりやすいという病因統計があるらしい。肉を食べると、血管に弾力性が生まれる。脳内出血や脳梗塞になりにくくなるという。

 酒やビールの効用については、両医師ともに少量ならいい、少なくとも否定はしていない。度をこさなければ薬というわけだろう。

 このように個々の項目では勝ち負けがあったものの、それらを総合した最終判定は記事ではどちらに軍配が上がったかは、不分明。考えてみれば、これは当たり前で、だれにでも当てはまる決定版健康法などあるはずもないのだ( 補遺 )。

 Image1110 そこで、判定人の健康法を最後にここに紹介しておく。

 食事は、家族などとおしゃべりしながら、とること

 1日1回は大笑いすること

 食事だけでなく、精神的な喜びやときめきが必要なこと

である。若く見えたり、若返るには、やはり、ときめきが必要なのだ。

 まとめると、1日1食にしろ、3食にしろ、男も女も1日1回笑って、好きななんとかビール

というのが、3判定人の最大公約数的な推奨健康法なのだろう。

 この記事を読んで、たった一つ、確かなことを発見した。年を取ったのに、ときめきもなく、苦虫をかみつぶして男は黙って何とかビールというのが一番体に悪い、という事実だ。

   補遺

 決定版食事健康法などないことを物語るいい例が、「プレジデント」2012年11月12号の

 後悔トップ20、シニア1000人調査。

 健康についてのトップは、

 歯の定期健康検診を受けていればよかった

という意外なもの。1食派にしろ、3食派にしろ、歯が弱いようでは話にならないという結果が出ている。ブログ子の尊敬する今年101歳の日野原重明医師(内科医、文化勲章受章者)は、歯が悪いと、食事ができなくなるばかりか、歯周病になり、その菌が血液を経て万病のもとの糖尿病になり、手の打ちようがなくなるとこの記事で指摘している。

 仕事と人間関係の項目では

 仕事を離れても、一生続けられる趣味を持てばよかった

という後悔。食事うんぬんだけでは、しょせん人間、健康なんて保てない。その意味では、南雲さんも、高須さんも、いい加減にしておきなさいよ、ということになろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長生きしたければ病院には行くな 予防こそ

(2012.05.03)  歳をとったせいか、定年後はブログ子も何かと近くの病院にでかけることが多くなった。長生きをしたいと思うせいであろう。先日、その病院の帰り道、ふとコンビニで週刊誌を立ち読みしていたら、なんと、

 Photo_3 長生きしたければ病院には行くな

という表紙の文字に釘付けになった(写真=「週刊現代」2012年3月17日号)。岡田正彦新潟大教授×松本光正医師が大対談をしてる。そんなバカな話はない。またまた与太記事だろうと最初は思った。

 しかし、内容を拾い読みすると、なるほどとこの一見非常識な主張に納得することが多かった。しかも、岡田氏は新潟大学医学部卒で、公衆医学の同大教授。医学博士でもある。一方の松本氏も北大医学部卒で、関東医療クリニック院長。こちらは現役内科医。いずれも一般向けの著書も多い。まったくの飛ばし記事とはとても思えない。

 そこで、週刊誌を買って帰り、じっくり検討してみた。記事には、いちいち、きちんと主張する根拠が具体的に示されている。説得力がある。しかもデータだけでなく、豊富な臨床経験から得られた実感も踏まえているのだ。そこから、両氏は

  高血圧治療でかえって脳梗塞が起きる/ 健康診断は受けなくてもよい/ がん検診もⅩ線検査も不要

との結論を出している。その理由を一言で言うと、病院での治療、診断、検診に伴う効果というメリットと、それに伴う弊害ともいうべき副作用などのデメリットが互いに相殺する結果、何もしない人に比べて、せっせと病院に通う人が長生きするとは言えなくなってしまうというのだ。

  その良し悪しを具体的に言うと、分かりやすい。こうなる。

 脳卒中には高血圧がかかわる脳出血と、その大部分を占める高血圧に関係のない脳梗塞とがある。高血圧傾向の人には、血圧を下げる降圧剤治療は短期的には生きのびる効果があることは確か。

 その一方で、降圧剤には、脳卒中の8割を占める脳梗塞を起こしやすい〝副作用〟があるらしい。血液の流れが緩やかになり、梗塞が起こりやすい状態をつくりだからだ。この二つの効果が重なって、あるいは相殺しあって、結局、降圧剤治療をしてもしなくても、長期的な寿命には差が出ないというのだ。そればかりか、長期的に治療費がかさんでいく分、治療するほうがバカをみる。

 ただし、記事では明示的には触れられていないが、血圧が極端に高く危険が目の前に迫っているという短期的で緊急避難的な状況は除外する。誤解が生じないよう、このただし書きを記事に明記しておくことが正直だろう。そうすれば、記事中の「長期的な寿命」うんぬんの意味もはっきりする。

 だから、病気にかかってからジタバタするのではなく、その前の予防にこそ長生きの本当の秘けつがあるらしい。この対談の本当の狙いは、これだろう。

 そういえば、最近発行の

 『大往生したけりゃ医療とかかわるな 自然死のすすめ』(中村仁一、幻冬舎新書)

も基本的には同じ見方をしている。京大医学部卒で高雄病院院長や理事長を長年つとめた内科医としての経験がこのタイトルにつながったらしい。病院に行くヒマがあるのなら、もっと死と向き合う時間を大事にしてほしいと訴えている。

 たとえば、がんで死ぬのが一番いいと書いている。臨終までに身の回りを整理する時間が十分ある。死を見つめる哲学的な、あるいは人間らしい時間がつくれるのもいい。「生活の質」が高まるといいたいらしい。しかも、がんには痛みがあるとしても死の直前であり、それはそう長くないというのも理由だ。

 いずれの記事や新書の主張も、何の疑いもなく、お題目のように「早期発見・早期治療」を唱える医療に対する経験豊かな医師たちからの自責、自戒を込めた言葉として受け止めたい。

 もうひとつ、薬を飲む治療だけがすべてではない、それと同様、薬を飲まない、みだりに病院に行かない〝治療〟も大事であると受け止めたい。自然の治癒力をもっと信頼したいとも気づいた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)