« 生物進化が教えてくれるダーウィン工学  | トップページ | 一筋縄ではいかない埋もれた歴史  ---- むざんやな、廃城 »

公的な図書館も初売りの「福袋」

(2016.01.09)  高齢者の老人になって、そうそうお金もないので、手元にない本についてはできるだけ図書館を利用することにしている。

 お正月とあって暇なので、JR浜松駅の近くにある浜松市立図書館(駅前分室)に出かけたら、なんと、

 福袋

と書かれた紙袋が受付カウンター横に並んでいた。売り物かなと思ったら、係りの人は

 「おすすめする本をまとめて、お貸ししています。いかがですか」

とこたえてくれた。普通の福袋と同様、どんな本が入っているのか、その中身はおおよその分野はわかるのだが、借りる時には、具体的な書名まではわからないのがミソ。開いてのお楽しみというわけだが、

 自分の読みたい本だけを借りる

という発想の転換を求めているらしい。それだと、視野が狭くなりがち。新たな発見や読書範囲も広がらない。これまでの常識を年に一度、お正月のときに破ってみようという狙いがありそうだ。

 いかにも市民思いのやり方に感心した。

 しかし、よく考えてみると、図書館側にもせっかくの蔵書をより多くの人に貸し出したい〝販売促進(販促)〟という思惑もある。

 そんなことを考えていたら、いつのまにか件の福袋が貸し出されてしまったのか、帰るころにはカウンターからみんななくなっていた。

|

« 生物進化が教えてくれるダーウィン工学  | トップページ | 一筋縄ではいかない埋もれた歴史  ---- むざんやな、廃城 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533942/63032561

この記事へのトラックバック一覧です: 公的な図書館も初売りの「福袋」:

« 生物進化が教えてくれるダーウィン工学  | トップページ | 一筋縄ではいかない埋もれた歴史  ---- むざんやな、廃城 »