« 日本人初の宇宙飛行士の25年  ------- それからの農業と反原発と  | トップページ | このインドなるもの 映画「ライフ オブ パイ」 »

「理不尽な進化」からみた生命の大躍進

Imgp9046 2015.12.03)  東京の国立科学博物館に続いて、名古屋市の科学館で開かれている

 生命大躍進 脊椎動物のたどった道

という特別展を先日、拝見した。簡単に言えば、地球上の生物進化史を化石の実物やレプリカ、あるいは復元模型で時間を追って系統的に展示。その過去の物語を市民にわかりやすく、私たちの人類に至るまでについて紹介しようというものだった(右は、会場の様子=ほ乳類のクジラのような巨大魚類、デボン紀。食べようとしているのは巨大なウミサソリ)。

 拝見して驚いたのは、展示されていた化石などの考古資料のほとんどが実物であったこと。これほど多くの貴重な実物を展示する特別展示というのは、なかなかないと感じた。つまり、説得力と迫力のある展示だった。

 第二に感じたのは、論ではなく、事実をして語らしめようという主催者側の意図が明確に、そして徹底して追及されていたこと。復元模型やレプリカづくりにあたっても、できるだけ論より証拠に基づくという科学的な姿勢を貫いていた。わからないことは、現状ではわかっていないと明記していたのは好感された。

 ● 眼、あご、足、胎盤の獲得

 具体的に言えば、脊椎動物の大躍進のポイントは

 まず眼の獲得。第二以下は、あご、足、胎盤という順序で獲得したこと。

 このことが解剖学的な記述でもって連続性のある合理的なプロセスとして詳しく語られていた。

 Imgp90631 その上で、言うのだが、この特別展示を見て感じたのは、

 タイトルに生命の大躍進とはついているものの、これまでの地球上に登場した生物の種のうちのほとんどは、今はもう見ることのできない絶滅種である

ということだった(左=6億年前にいた眼を持ったアノマロカリス=1メートル以上もある復元模型)。かつて登場した生物種の99.9%は、なんらかの理由で絶滅してしまった。展示会場について言えば、会場の出口にあったわたしたちホモ・サピエンスの種と、会場入り口の30億年以上前のバクテリアの仲間ぐらいしか、今はもうこの世にはいない。サルから分岐して進化してきた人類についても、

 約20種近いホモ属の200万年の歴史で今も残っている種というのは、わたしたちホモ・サピエンスたった1種

なのだ。わたしたち現生人類にもっとも近い種はネアンデルタール人だが、約4.0万年前までには地球上から、理由は不明だが、姿を消している(ネアンデルタール人とわたしたちとのDNA配列の違いは0.1%とごくわずか。わたしたちとチンパンジーとの違いは1.0)。

 これまで登場した99.9%の種は、今みんな地下世界に眠っている。

 絶滅していったのは、地球にいん石が衝突した影響で、運悪く、6500万年前までに絶滅していったとされる恐竜だけではない。ほとんどの種は、何らかの理由で絶滅していった。

 ● 偶然という不運、必然メカニズムの自然淘汰

 絶滅の理由には、いん石衝突という、地球上の生き物にとってはまったく偶然の不運もある。これは偶然の絶滅である。

 が、一方で、偶然ばかりではなく、進化の必然としての絶滅もある。ダーウィンの言うような、時々刻々に生じている進化のメカニズム、

 つまり適応主義仮説に基づく自然淘汰のメカニズム

である。ゆるやかな絶滅といっていいかもしれない。必然の絶滅である。

Imgp9066700jpg  こう考えてくると、

 進化とは、偶然と必然が織りなす、ある意味「理不尽な」歴史

といえるかもしれない。過去から降り積もってきたその時、その時の歴史的な状況にうまく適応した適者だけが生き残ってきたのではない。適応してきたものも、適応であまりに特殊化したために、次の歴史的な大きな状況に対応できず、絶滅することもあるからだ(右=現代日本人と700万年前の最初期猿人との出会い。サヘラントロプス・チャデンシス、出土アフリカのチャド)。

 逆に、ある歴史的な状況に適応できずにいた生物も、偶然にやってきた次の大状況にはうまく適応できたかもしれない。ほ乳類の登場とその後の大躍進は、恐竜の絶滅と無関係ではないのがこの事例だ。

 この意味では進化論、進化学というのは事実を原因と結果について説明するサイエンスであるとともに、実は事実を解釈する歴史学の一分野でもあるのだ。このことから、進化学には、うっかりサイエンスを踏み外さないよう、あるいは原因を結果論で論じないよう、ある種の慎重さが必要だと思う。踏み外したとき、進化学はエセ科学となる。

 ただ、事実として言えるのは、この5、6億年で5回くらい起ったとされる生物種の大量絶滅では、その後にそれまで以上に大量の種が誕生していくということ。偶然が巻き起こすかく乱が、生物種の多様性を生んでいる。

 生物種の大量絶滅というかく乱は、爆発的な種の多様性を生み出す起爆剤になっている。これには進化の必然メカニズム、自然淘汰による適応放散がかかわっているのだろう。これが種の間に活力を与えている。そんなことも知った。

 ● 過去に無縁の偶然と、過去が制約条件となる必然

 この展示を拝見して、

 過去には無縁の偶然と、過去の歴史が制約条件となる必然。進化とは、それらが織りなす理不尽さの結果

であることを、具体的な展示物と解説で悟った。

 そして、ふと、このことは、生物に限らず、製品開発の現場でも起きている。そんなことすら想像させた。

 ● ドーキンスとグールド

 これまでこのブログで、『理不尽な進化』(吉川浩満)を、大変に示唆に富む著作として紹介してきた。さらに踏み込んで

 『祖先の物語』(R.ドーキンス)や『ワンダフルライフ』(J.グールド)をもう一度読み返してみたいという気に特別展はさせてくれた。

 いずれも浩瀚で刺激的なライバル同士の、進化の歴史を語ったライフワークだと思う。ワンダフルライフのほうは、通常の歴史の順に、そして最近刊行されたドーキンスの本は、歴史をさかのぼるという奇抜な手法で語るなど対抗意識もあり、互いに対照的な著作である。.

 歴史とは無縁の適応主義者ドーキンスは、今や進化学の教祖的な存在になっている。晩年、ドーキンスに挑み続け、最後は惨めな敗北に帰したといわれている多元主義のグールド。本当に二人の間に、それほどの大差があったのか。

 進化を考えるとはどういうことなのか、ブログ子も吉川氏同様、これらの著作を通して見極めてみたい。

Image2253

Imgp9074 

  

|

« 日本人初の宇宙飛行士の25年  ------- それからの農業と反原発と  | トップページ | このインドなるもの 映画「ライフ オブ パイ」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533942/62798523

この記事へのトラックバック一覧です: 「理不尽な進化」からみた生命の大躍進:

« 日本人初の宇宙飛行士の25年  ------- それからの農業と反原発と  | トップページ | このインドなるもの 映画「ライフ オブ パイ」 »