« ローエル協会研究の集いイン松江 | トップページ | 今年もまたノーベル賞予測の季節 »

サマースクール・イン足助 ヤナとは何か  

(2015.10.01)  今年の夏、具体的には8月末、ある生物系学会のサマースクールに出かけた。開いたところは、

 愛知県豊田市足助町

である。矢作川の支流、巴川水系、さらに言えば足助川という小さな川だった。

 雨模様の旅だったが、あまり生物のことは知らないブログ子にとっては、とても刺激的な夏の学校となった。

 かつては山の中の小学校だったものが、いまではユースホステルになっていたり、道ばたにあった馬頭観音を拝見したりと楽しんだ。馬頭観音とは、りっぱな伽藍などはないのだが、馬を大切にし、うやまい、あるいは道ばたに水場を置くなどしてねぎらうための場所といってもいいだろう。

 いわば、街道筋にある庶民信仰の場である。

 しかし、今回の夏の学校では、東海地方などによく見られる魚、たとえばアユをとる仕掛けで、

 川に設置されたヤナ

の体験は忘れがたい。簗と書くそうだ。

 以下に、そこで子どもたちが楽しんでいる様子や、その仕掛けについて、スナップにしてアップしておきたい。

 ● 平瀬ヤナのスナップ in  足助

    2015年8月30日撮影 

Imgp8198jpg_1

Imgp8199jpg

 Imgp8217

 

|

« ローエル協会研究の集いイン松江 | トップページ | 今年もまたノーベル賞予測の季節 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

I was recommended this blog via my cousin. I'm now not sure whether or not this publish is written by him as nobody else know such special approximately my trouble. You're incredible! Thank you!

投稿: nike maxs | 2015年10月 7日 (水) 15時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533942/62389754

この記事へのトラックバック一覧です: サマースクール・イン足助 ヤナとは何か  :

« ローエル協会研究の集いイン松江 | トップページ | 今年もまたノーベル賞予測の季節 »