« インチキ疑惑のきっかけはネット指摘    - 五輪エンブレムとSTAP論文 | トップページ | 公開から1年、「吉田調書」の教訓とは何か »

異次元的に劣る原発の再稼働は賢い選択か

(2015.09.04)  まもなく、鹿児島県の川内原発が再稼働する。

 ひさしぶりに、ジャーナリストの柳田邦男さんとともに、福島原発の政府事故調査・検証委員会(政府事故調)の委員だった吉岡斉(ひとし、九州大大学院教授、科学社会学)さんの

 視点・論点(Eテレ、9月2日放送)

を拝見した。もちろん、主張は

 再稼働などもってのほか

という内容の主張だ。が、事故から4年半がたち、事故前の原発54基から43基に11基も減ってしまった現時点において、どういう理由で再稼働に反対するのか、という点にブログ子は興味をもった。

 ● 素性の悪い劣った電源

 10分間の話の結論は、

 比較にならないほど極端に劣ったという意味で、異次元的といってもいいほどに劣った技術の原発を、(原発比率の国策設定目標20%強を維持するためと称して)わざわざ税金を投入してまで再稼働させるのは、国策としてとうてい賢い選択ではない

というものであった。

 異次元的に劣った技術というのは、具体的にはほかの電源とは比較できないほど被害が大規模で、また多岐にわたること、廃炉などバックエンドまで考慮すると、1KWh当たり10数円と、ほかの電源に比べて、かなり高コストであること-などを挙げていた。比率の設定目標を今後維持するためには現行の原則40年運転規制を、危険な老朽原発と知りつつもだましだまし60年に延長せざるを得ないという非常識な点も指摘していた。

 このことから、吉岡さんは

 原発は素性の悪い、劣った電源技術

と明確に言い切っていたのが印象的だった。

 当然ながら、ブログ子もこの主張に賛成したい。

 それというのも、以下のような事実も最近明らかになっているからだ。

 ● 太陽光、いまやピーク時の約1割賄う

 日本においては太陽光の年間を通じた発電量は、欧米、とくにドイツに比べてかなり低く全電源をあわせた総電力量のわずか2%程度しか賄えないのが現状。

 ところが、

 9月3日付朝日新聞1面の記事

 今夏ピーク時の電力供給

によると、ピーク時に限れば、

 太陽光による最大賄い電力量は合計で約1500万KW

だった。ピークの時期は9電力会社とも8月上旬(時間帯はその日の正午前後)だった。この時期は太陽光の発電能力が強い日差しなどで当然ながら、年間で一番高まるのだが、この発電量は大型原発10数基分の能力に相当する。廃炉になった11基分を、天候に左右されるなどの一部制約はあるものの、太陽光発電で基本的にカバーできる発電量である。

 別の見方をすれば、この賄い分は、9社全体のピーク時の電力需要の約1割。

 成績のよかった九州電力では、ピーク時間帯だけに限れば、なんと約25%も賄えたのだ。

 つまり、一番、出力に余裕がなくなり、逼迫するときに太陽光は頼れる電源として、その存在をアピールできることが、実績値で確かめられたといえる。

 ちなみに、ブログ子の暮らすエリアをカバーする中部電力では、

 8月上旬における太陽光発電カバー率は約11%。

 日照条件のよさ、あるいは太陽光発電設備に都合のいい広い好適地の確保のしやすさなどで、その賄い比率にばらつきが出たといえる。

 電力が逼迫する夏こそ、太陽光発電の出番

という素性のいい太陽光発電の時代が、もうそこまで来ている。

 この面でも、

 基幹電源に不可欠な安定供給といういい面はあるものの、原発はそれほど魅力的な技術

といえないかもしれない。劣った技術というのも、言いえて妙である。

 太陽光の賄い、2%という思い込みを、ブログ子もこれからはあらためたい。10%時代なのだ。

 ● そろそろ太陽光発電の買取制度の見直しも

 ただ、問題もある。

 太陽光で発電した割高の買い取り電力については、すべての利用者が、割高分の負担を連帯して支払っている。この制度では電力会社の買い取りに伴う負担はすべて利用者負担としているため、ない。

 調べてみると、ブログ子の家では、使用電力料金に上乗せされて電力会社に支払うこの

 再エネ発電促進賦課金は毎月200円台

であることが、支払い明細書でわかる(電力会社ごとに少しずつ異なるが、全国平均では400円台)。3、4年前にこの制度がスタートしたときには、たしか毎月100円台以下だったから、倍増である。

 促進を前提に、適切な水準に向けて賦課金のあり方を再検討をする時期に来ていると思う。

|

« インチキ疑惑のきっかけはネット指摘    - 五輪エンブレムとSTAP論文 | トップページ | 公開から1年、「吉田調書」の教訓とは何か »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533942/62215362

この記事へのトラックバック一覧です: 異次元的に劣る原発の再稼働は賢い選択か:

« インチキ疑惑のきっかけはネット指摘    - 五輪エンブレムとSTAP論文 | トップページ | 公開から1年、「吉田調書」の教訓とは何か »