« ウォール街のラブ・コメディ        -  新自由主義の正体 | トップページ | なぜ実名にしなかったのか 『絶歌』に絶句  »

急げ、急げ。憲法はこうして誕生した   - 佐藤達夫の最も長い昭和21年3月4日

(2015.06.24)  最近の国会での安保法制審議をめぐっては、これほど憲法がクローズアップされたのも珍しい。憲法がとても身近になった。

 Image2191 具体的な法案を目の前にしているだけに、立憲主義とか、憲法に基づかない非立憲主義とかいう専門用語も自然に理解できた。安倍政権は、今の憲法の枠組みをはみ出し、時の政権が国の枠組みを自由に決めることができるとする非立憲主義の政治を目指しているという専門家の説明も納得できた。

 その意味で違憲性がとても強い安保法制をごり押ししようとしている安倍政権に感謝しなければならない。

 そこで、そもそも今の憲法はどのようにして制定されてきたのか、ということが気になりだした。ずいぶん昔に古本屋で買った

 『史録 日本国憲法』(児島襄、文藝春秋、1972)

を読んで見た( 写真 )。また、買ったものの中身をきちんと読んでいなかった

 『帝國憲法改正案委員小委員会速記録』(帝國議会衆議院、衆議院事務局、1995)

も読んでみた(写真)。昭和21年6月、帝國議会に帝國憲法の改正案として提出された新しい憲法案について、まず最初に委員会審議に先立って秘密会で審議された小委員会の速記録である。秘密会の委員は森戸達夫など14人(委員長は芦田均)。

 この秘密会には政府委員として、内閣の法制局次長だった佐藤達夫が出席している。

 憲法の微温的な松本政府案、主権在民、戦争放棄などを盛り込んだ過激なGHQ案、そのGHQ案の政府修正案、その挙句の徹夜仕事でバタバタと皇居端のGHQの一室で取り組んだ共同修正案、帝國議会提出の政府原案づくりなど生々しい現場を自らも当事者として見つめてきた法制官僚である。

 そのバタバタの徹夜1夜仕事でわが国の戦後の「国のかたち」を官僚として決めざるを得なかった佐藤達夫の心中はいかばかりだったろう。

 速記録にはその雰囲気はまったく伝わってこなかった。しかし、児島の著作では生々しく伝わってきた。

 一言で言えば、突然訪れた思いもしなかった狂気の一夜であり、

 生涯で最も長い日

だったろうと推察できた。その日とは、

 昭和21年3月4日から5日にかけての30時間

だった。わずか30時間で戦後日本の「この国のかたち」が決まったのだ。

 このバタバタとことを急いだ背景には、3月7日に正式に、日本の今後をどうするのかということの基本を決定できる連合国の極東委員会が設立されるというGHQ側ののっぴきならない焦りの事情があった。そんなうるさいことになる前に、憲法の概要をさっさと決めておきたいというマッカーサーの思惑があったらしい。

 読み終えて、ふと思った。

 だから、今の憲法をやめて、新しい自主憲法をつくらなければならない

という感慨には、およそ至らなかった。

 なぜだろう。

 バタバタではあっても、そこには二度と戦争はしてはならないという熱情が、日本政府にもGHQにもあった。今のように、熟議、熟議と言うはけれど、丁寧に説明、丁寧に説明とは言うけれど、その中身の空虚さに幻滅しているからだろう。

  ● 重要補遺

   東大法学部教授「すでに明確な違憲で決着」

 国会で審議中の安保法制案が違憲か合憲かで迷走するなか、東大法学部の石川健治大学院教授(憲法学)が、BSフジ「プライムニュース」に出演、

 「明確な違憲ですでに決着している」

と明言した。2015年6月25日夜の番組である。同番組には、政府法案を擁護する立場から元防衛相の森本敏氏も出演していた。石川教授は、合憲の根拠として砂川最高裁判決の、そのまた補足意見(田中耕太郎長官)を引用するのは(法律論としては)論外であり、とうてい根拠にはなり得ないと断言、この判決を根拠とする政府の合憲説を切り捨てた(石川教授は補足意見をつまみ食いしたとすらいえないほどひどいものとの趣旨の下、政府見解を酷評)。

 番組の最後の提言コーナーでも、石川氏は、念を押すように

 「理 対(Vs) 無理」

と書いて、合憲などという「無理」のごり押しは許されないと強調した。ついに国立大法学部、それも現役の東大教授までが違憲を明言したことで、この安保法制案の違憲性はほぼ確定、決着したといえそうだ。

 こうした発言が、BSフジの情報番組から飛び出すとは思わなかった。出演していた反町理キャスターの〝手柄〟ではないか。

 ● 参考 

 『平和憲法の深層』(古関彰一、ちくま新書、2015)

 一般に、制定を急いでいた当時のGHQは独自のGHQ案を有無を言わさず一方的に日本政府に突きつけ、押し付けたといわれている。しかし、この著作は、そのもととなったのは、当時の民間日本人の手になった憲法草案(いわゆる憲法研究会案)であり、それをベースに手を加えたものであると説いている。

  映像メディアでは、象徴天皇と戦争放棄の二部構成の

 「憲法はまだか」(NHKの大型ドラマ、1996年秋放送)

がある。憲法公布50周年記念ドラマで、脚本はジェームス三木。秘密会の小委員会議事録が秘密解除になったことを受けた時期の作品。松本丞治国務相役を津川雅彦が演じている。

 この小説化としてジェームス三木は

 『憲法はまだか』(角川書店、2002)

を書き下ろしている。

  児島さんの史録が日本政府側(松本国務相)から憲法成立の経緯を書いているのに対し、この小説は、GHQ側からその歴史の裏舞台を描いている。

 マッカーサーは日本に急かした。

 「憲法はまだか」

というのがタイトルの意味だろう。GHQに急かされて出来上がった憲法という視点である。 

 さらに、民間側の視点から描いた作品に、憲法学者、鈴木安蔵を中心とした憲法研究会を軸にした単館独立系映画

 「日本の青空」(大澤豊監督、2007年)

がある。憲法施行60周年の映画で、当時の民間研究会のリーダー、高野岩三郎役を加藤剛が演じている。

 こうした戦後の憲法成立史を、明治10年代の帝國憲法の成立過程の模索と決着を論じた

 『明治憲法史論・序説』(小林昭三、成文堂、1982)

と比較してみると、おもしろい。ともに外圧が憲法づくりの原因となっている。また保守と革新という当事者たちの社会的な立場の違いからくる対立と、同じ立場でも個々人の保身をかけた思惑と葛藤という構図の点では類似している。内発的な変革はむずかしいことがわかる。

 この意味では、今、安倍内閣が成立を目指す安保法制案は現行憲法の枠をはみ出すものであるのに、法律の必要性や正当性を具体的に裏付ける立法事実が存在しない、つまり外圧に基づくものではないという点で、法律論としても、歴史的経緯の点からしても異質である。 

|

« ウォール街のラブ・コメディ        -  新自由主義の正体 | トップページ | なぜ実名にしなかったのか 『絶歌』に絶句  »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533942/61783949

この記事へのトラックバック一覧です: 急げ、急げ。憲法はこうして誕生した   - 佐藤達夫の最も長い昭和21年3月4日:

« ウォール街のラブ・コメディ        -  新自由主義の正体 | トップページ | なぜ実名にしなかったのか 『絶歌』に絶句  »