« なんじ自身を知れ 科学報道シンポから | トップページ | シニア年金世代、四重苦の時代へ  »

月がとっても赤いから 皆既月食の注目点

20150404spacecombloodmoonpalausandi (2015.04.04)  宇宙好きのブログ子は、アメリカから送信されてくる宇宙映像ニュース(メルマガ)

 SPACE.COM

という写真の美しい記事をほぼ毎週楽しみにしている。4月3日に届いたメールには

今夜4日(日本時間では夜9時前後10分ほど皆既)の月食

について、ライブで見ることができるというニュースが届いている(写真上 = このニュースレターに掲載されていた資料写真)。

 日食と違って、月食は、月が出ていさえすれば世界のどこにいても、ほぼ同時に観察できる。ので、日本以外からのライブも、日本で見るのもほぼ同じ。だから、今夜、ブログ子の浜松市が曇りでも、パソコンでこのライブを見れば、天体ショーが楽しめる。

 ただ、ブログ子は、今の世の中、もはや月食観測には学問的な意義はほとんどというか完全にない、天体ショウの楽しみだけだと思い込んでいた。

 しかし、どうも、そうではないらしい。

 皆既月食中の月の色に注目

というのだ。まったく見えない「黒」なのか、はっきりと「オレンジ」なのか、5段階で評価すると意味がある。というのは、地球の大気にどれくらいホコリやチリが混じっているのかということを推定するのに役立つのだそうだ。

 つまり、赤っぽい、オレンジっぽいほど、大気中にチリやホコリが多く含まれているらしい。地球大気で屈折して月に届く光のうち、ホコリやチリが多いと、波長の短い光はその大気で散乱されて、赤っぽく月を照らすからだ。黒っぽくかすかに月が見えれば、大気はとても澄んでいるということになる。

 無粋な話だが、

 月がとっても青いから

という菅原都々子さんの60年前の大ヒット曲というのは、学問的にはないそうだ。

 それはそれとして、

 今夜が楽しみだ。

 ● 追記 その結果。

 というわけで、その結果は次の通り。

 ブログ子の暮らす浜松は、部分月食を含めて完全に曇りでアウト。西日本のほとんども無理だったらしい。ただ、沖縄県だけはなんとか楽しめた。

 沖縄の琉球新報によると、皆既中は赤黒い「赤銅色」だったという(読谷村)。沖縄タイムスも同様に報じている。

 一方、首都圏もアウトだったらしいが、北部の東日本では青森、北海道などで皆既が見られた。

 デーリー東北新聞によると、かなり「赤い月」だった(青森県八戸市)。天文愛好家によると、それでも前回など通常の皆既中よりも赤みが薄かった。むしろ青っぽかったという。もしそうだとすると、大気は以前より、透明度を増したことになる。

  ● 注記 2015年4月5日付「中日」朝刊

 上記の社会面記事には、赤銅色の月、あるいは赤黒く見える月という表現で、

宮城県白石市で撮影された月食写真(写真)が掲載されている。

Image211020150405

 

|

« なんじ自身を知れ 科学報道シンポから | トップページ | シニア年金世代、四重苦の時代へ  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533942/61381903

この記事へのトラックバック一覧です: 月がとっても赤いから 皆既月食の注目点:

« なんじ自身を知れ 科学報道シンポから | トップページ | シニア年金世代、四重苦の時代へ  »