« 量子力学90年の今 - 原子を操作する時代 | トップページ | ズルした者が得をする仕組み、がまんは損  - マグロ規制の場合 »

3.11後、ジャーナリズムはこう変わった       - 社説検証

(2015.04.15)  月刊誌「Jounalism(ジャーナリズム)」2015年2月号が

 3.11後、この国は変わったか

というのを特集している(朝日新聞社発行)。そこで、

 3.11後、この国のジャーナリズムは変わったか

というのを検証してみたい。変わったかどうかを判断する試金石は今回の

 高浜原発運転差し止め仮処分の

 再開はまかりならぬ

という決定。試金石で試される材料は、利害の大きい高浜原発の地元や近隣県の4月15日付朝刊各県紙の社説。

 ● 地元県紙「福井」は右顧左眄型

 まず、地元福井新聞社説。

   重い警告どう受け止める

と他人事のような見出しで論じている。つまり、仮処分を一応重いと警告したものの、それ以上踏み込むのをちゅうちょ。仮処分内容の賛否や支持するかどうかについては保留。右顧左眄(うこさべん)の論説といっていいだろう。苦労のあとがうかがえる。

 次に、隣県の北國新聞社説。

 疑問ぬぐえない地裁決定

として、あいかわらず原発推進の保守的な姿勢を、3.11以前より一段と強く堅持、あるいは誇示してみせている。強烈なトップダウン体制で社論を決める確信犯型。ある日突然、社論が激変するかもしれないという危うさを一面に持つ。

 中部のブロック紙中日新聞。

 国民を守る「司法判断」だ

と仮処分の支持を明確に打ち出している。3.11以後、社論を180度転換し、脱原発路線に舵を切っている。北國新聞と対照的なこの紙面づくりで、ここ数年、紙勢は伸びているらしい。

 京都新聞社説。

 新規制基準への疑義は重い

としているが、右顧左眄型。従来と社論に大きな変化はない。

 浜岡原発をかかえるわが県紙、静岡新聞。

 なんと、決定に対する社説の掲載なし

 この日15日付の社説テーマは安保与党協議。同紙は重要テーマについては、一呼吸おいて様子見する姿勢をこれまでにもときどきとっている。よく言えば、他紙がどんな社説を掲載するか見極めた上で、一日遅れで掲載するという慎重な姿勢だともとれる。従来どおりの原発推進の姿勢は変わっておらず、いわば右顧左眄型といえるだろう(注記)。

 以上を総合すると、国民世論の劇的な変化に比べると、大きくは変化していないといえるだろう。新聞業界の保守性がうかがえる結果である。

 ● 度をこした朝日社説

 全国紙はどうか。

 4月15日付朝刊の朝日新聞社説(大型)は、

  司法の警告に耳を傾けよ

と、明確に仮処分決定を支持している。これまでは原発推進派だったが、最近は、それどころか、

 「国民に強く残る原発への不安を行政(原子力規制委員会のこと)がすくい上げないとき、司法こそが住民の利益にしっかり目を向ける役割を果たす。そんな意図がよみとれる」

とまで持ち上げている。「裁判所の目線は終始、住民に寄り添っていて、(再稼動すべきでないという結論には)説得力がある」ともしている。このことから、支持というよりもほめたたえる、歯の浮くような賛辞社説といっていいだろう。

 決定を書いた判事自身も気恥ずかしがるだろうほどの度を越したひいきでは、引き倒しが心配である。

 産経新聞社説。

 決定を

 「奇矯感の濃厚な判断」

だとした上で、その「負の影響」は計り知れない

と書いている。意地の悪い人格批判と言えるだろう。

 日経新聞社説。

 北國新聞と同様、

 差し止めは疑問多い

と主見出しを打っている。いずれの社説も、従来の論調から推して予想通りの論説といえる。つまり、変化はない。

 こう見てくると、全国紙の社説も3.11後に大きな変化はなく、地方紙と大同小異と言えるだろう。 

 ブログ子の意見は中日新聞の社論に近い。つまり、原発推進派から脱原発へと3.11後、大きく変わったことを正直に書いておきたい。

  ● 注記 4月16日付静岡新聞社説

 案の定、静岡新聞は一日遅れて4月16日付の社説で仮処分決定を取り上げている。

  主見出し=再稼動への重い警告だ

という論説を掲げている。「規制に合格すれば、再稼働を進めていくという政府の姿勢に待ったをかけた」との見方を示した。その上で、地元の浜岡原発について川勝平太静岡県知事に「新規制基準を上回る厳格さを求める姿勢で、取り組んでもらいたい」と注文、社説を締めくくっている。

 つまり、裏を返せば条件付で再稼働を認めている。 

|

« 量子力学90年の今 - 原子を操作する時代 | トップページ | ズルした者が得をする仕組み、がまんは損  - マグロ規制の場合 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533942/61443944

この記事へのトラックバック一覧です: 3.11後、ジャーナリズムはこう変わった       - 社説検証:

« 量子力学90年の今 - 原子を操作する時代 | トップページ | ズルした者が得をする仕組み、がまんは損  - マグロ規制の場合 »