« ビットコイン グローバル仮想通貨の正体 | トップページ | サッカーW杯、日本の〝ガラパゴス〟報道 »

メタ認知のすすめ なぜ錯覚をするのか 

(2014.07.20) この4か月間、放送大学(BS)が今年度から開講した

Imgp4500  錯覚の科学

というのを視聴した。とても面白い授業だった。常識を疑おうというこのブログの目的によくかなった放送でもあったように思う。

 先日7月18日金曜日はその最後の授業で、これまでのまとめと、なぜ錯覚の科学なのかということが語られてきた。

 まとめのテーマは

 メタ認知

というものだった。

 放送をごく簡単にまとめると、

 錯覚をTPOに応じてコントロールできる批判的思考(クリティカル・シンキング)を養うこと。それが錯覚の科学の授業が目指すところ

というものだった。人の認知能力を正しく認知するという意味で、それはメタ認知とも言えるだろう。

 ( 写真は、同放送大学テレビ画面から )

  ● 補遺 錯覚の科学

61nkc0zn6rl__aa160__2   最新の心理学研究の成果を、わかりやすく解説した近刊に

 『錯覚の科学』(C.チャブリス+D.シモンズ、文春文庫)がある。ハーバード大での科学実験で克明に解明した脳というものの驚くべき真実。

|

« ビットコイン グローバル仮想通貨の正体 | トップページ | サッカーW杯、日本の〝ガラパゴス〟報道 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533942/60014058

この記事へのトラックバック一覧です: メタ認知のすすめ なぜ錯覚をするのか :

« ビットコイン グローバル仮想通貨の正体 | トップページ | サッカーW杯、日本の〝ガラパゴス〟報道 »