« デモの中から街を見る             -再稼動反対の3・9浜松集会 | トップページ | 百姓ノ持タル国  早雲と蓮如 »

相互チェックなき「共同研究」の危うさ露呈

(2014.03.15) 共同研究者が14人も名を連ねる、いわゆるSTAP細胞論文がねつ造あるいはデータ改ざん疑惑などで大揺れにゆれている。

 Imgp3285_1 小保方晴子筆頭著者を含め3人の共同研究者が所属する理化学研究所の調査委員会は、指摘されている疑問点について、記者会見を開いて内部調査の中間報告を行なった。

 細胞が存在するのかどうかの核心部分にねつ造あるいは改ざんがあるとの指摘のほか、盗用や剽窃など多くの研究倫理に反する疑問点が浮かび上がっている。このことから、野依良治理研理事長もほかの理事とともに出席。共同研究の過程において重大な過誤があったとして謝罪した( 写真上)。論文の取り下げも検討しているという。

  ブログ子の結論を先にまとめると、

 相互チェックがなく、理研はあるべき共同研究の体をなしていないことを露呈した。このことは、研究者個人に意図的な不正があったかどうかということ以上に深刻な事態である。

 極論すれば、理研の共同研究体制は研究の自由を保障し、支える組織であるはずだが、その体をなしていない。言い換えれば組織として重大な欠陥がある。このことを、この論文は明確、そして具体的な形であらわにしてみせた。

 ● 過失ではなく意図的な不正

 世界的な科学論文誌「ネイチャー」に掲載されて1か月半。中間報告は

 ねつ造や改ざんが疑われた4枚の画像のうち、2枚には「不適切な点はあるが不正はなかった」

 残り2枚の画像については「さらに調査が必要」

 2つの記述についても「さらに調査が必要」

というもの。「重大な過誤」の具体的な内容については、いわば結論を先延ばしした形の報告となった。

 会見した研究担当理事によると、論文作成にあたってSTAP細胞の生成を裏付ける生データ(あるいはそれを証拠立てる研究ノート)が当然あるはずなのに理研内にはないらしい。論文公表後も、詳細な作成手順を追加公開したのにもかかわらず、共同研究著者のだれも自らは生成の再現に成功していない。

 現時点でわかったこれだけの事実と、以下の「補遺」欄の会見一問一答だけからも、これらが単なる過失などで起こったとはとうてい考えられない。不正の意図なくしては起こりえない。理事長の言うような「極めてずさん」「重大な過誤」ですまされない意図的で悪質な研究不正ではないか。

 ● 理事長「連携に不備」 

 注目されるのは、会見した総合研究センター長が

 「論文の体をなしていない」

と手厳しく批判し、掲載取り下げの方向で検討していることを示唆したこと。

 もう一つは、ノーベル化学賞受賞者の理事長自身が

 Imgp3335_1 「研究チーム間の連携に不備があった」

と指摘したことである。どんな不備か、具体的な言及はなかったのが残念。

 ブログ子に言わせれば、連携に不備という穏やかな表現になっているが、不備どころではないと思う。連携の不備ではなく、はっきり言えば

 理研所属で同じ屋根の下の共同研究者が3人も名前を連ねているのに、誰一人、そしてただの一度も、STAP細胞が生成されて存在するという論文の核心部分を実際に確認していなかった

という研究者としての基本ができていなかったこと。一人ひとりの基本が三人とも見事にできておらず、騒動に発展した。これは自然科学研究者として

 万死に値する

といえる。

 しかも、確認していないのに、ちゃっかりと論文には自分の名前だけは連ねた。

  ● 名ばかり共同研究の横行

 論文の重要な部分の実験を担当した元理研研究員で現在山梨大教授も、実証の前提となるデータをそのまま信用して実験を組み立てたという。つまり、相互チェックすることなく研究結果を出している。ところが、論文公表後にはその確かなはずの前提データがあやふやになり、論文取り下げを共同著者に呼びかけざるを得ない事態にまで追い込まれている。

 共同研究が一方通行の流れ作業

になっていたのだ。ベルトコンベア研究者は左側から流れてくるデータになんの疑問も持たず、自分の担当パーツの結果を加えて、右側の研究員に手渡しする。

 Imgp3276_1_2 車の組み立て工場のように、確立された研究や技術なら、あるいはそれも効率的でいいかもしれない。が、未踏の領域ではまったく通用しないシステムといえる。

 車の場合でもリコールを起こさないよう、メーカーは品質管理技術(QCT)には驚くほどの神経を使っている。

 ● 必要な論文の品質管理技術(QCT)

 この10年、今回の騒動と似たような出来事は世界的に話題になっただけでも、米ベル研究所で2002年に発覚したヤン・ヘンドリック・シェーン研究員事件(高温超伝導物質分野、「ネイチャー」「サイエンス」誌投稿)や、2006年の韓国ソウル大教授事件(ヒトクローン胚からのES細胞作成分野、「サイエンス」投稿)が知られている。

 今回同様、いずれの事件も事前の専門家による査読段階で複数のレフリーから、何回か疑惑があるとの警告が発せられていたことを見逃してはなるまい。

 また、いずれも共同研究にかかわる出来事であったことは偶然ではない。起こるべくして起こったのだ。

  流行の共同研究には責任の所在があいまいになりがちで、そのあいまいさが相互チェックをおろそかにする原因になるなど、危うい落とし穴、あるいは弱点がある。共同研究者同士がお互いに寄りかかる構造のなかで、引き返しのきかない「大丈夫だろう」「だろう」で研究が進みやすい。 

   そう考えると、今回のSTAP細胞論文〝事件〟は、全貌解明にはほど遠い中間報告の段階ではあるものの、少なくとも

 共同研究においては、データや成果を相互にチェックしあうなど厳格な品質管理技術(QCT)の確立が必要である

ことを警告したといえる。

 研究機関自ら、チェック機能強化に積極的に取り組むよい機会ではないか。

 ● 歴史の検証にたえる報告書を

 Imgp3292_12 ほかの研究機関も、先取権争いのあまり論文の品質管理やチェックを投稿先のレフリーにお任せするという安易な雰囲気が強すぎる。今回の出来事を他山の石とし肝に銘じた改革を望みたい。

 そのためにも、今回の出来事ではきちんとした最終報告が待たれる。世界に向けた歴史の検証にたえる報告書を早く仕上げる責任が理研にはある。

 ● 投稿から掲載までの検証も

 この論文は、投稿から掲載まで異例とも言える5年にもわたる紆余曲折があり、「ネイチャー」誌の150年にのぼる歴史にその名を残こすことは間違いない。異様なこの展開も含めた詳細な調査報道は、商業科学雑誌や査読制度のあり方やその改善策なども含め、世界の科学界に多大の貢献をするだろう。

 ( 写真はいずれもNHK総合テレビ画面より = 3月14日夜のニュース )

  ● 記者会見の一問一答 

 WEB版毎日新聞の

 http://mainichi.jp/feature/news/20140314mog00m040006000c.html

に記者会見の詳報が掲載されている。

|

« デモの中から街を見る             -再稼動反対の3・9浜松集会 | トップページ | 百姓ノ持タル国  早雲と蓮如 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

投稿: クロス ボールペン 店舗 | 2014年3月23日 (日) 03時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533942/59295380

この記事へのトラックバック一覧です: 相互チェックなき「共同研究」の危うさ露呈:

« デモの中から街を見る             -再稼動反対の3・9浜松集会 | トップページ | 百姓ノ持タル国  早雲と蓮如 »