« これは恐怖の避難になる 浜岡原発震災 | トップページ | 論文の査読者も事実より信念で判断する »

ダンスは楽しい、はずなのだが

Imgp2810_120140202 (2014.02.03)  節分前日の日曜日午後、浜松市内で開かれた子どもたちも参加したチャリティ・ダンスパーティに出かけた。

 大人たちにまじったその見事な踊りぶりが、写真。

 おしゃまな女の子同士のダンスや男の子と組んだダンス演技に会場からは、期せずして大きな拍手が沸きあがった。

 ダンスは楽しい

ということを強く印象づけるシーンだった。

 習い始めて2年が過ぎたシニアのブログ子は、どうかというと、まだまだ楽しいという感覚には程遠い。なかなかリズムに乗れない。相手にこちらの意思をうまく伝えられないなどなど、悩みはたえない。

 レッスン教室で個人指導を受けているときには、なんとか踊れても、いざ、観客もいるステージで踊れるかというと、それはまた別の話ということを思い知らされている。指導の先生によると、もうこれは慣れるしかないらしい。

 運動が苦手、音楽も下手の二重苦をのりこえ、何時の日か、ダンスが楽しいものに変わるかもしれないと信じて、教室に通い続けている。

 それにしてもシニアに入ってからは、現役時代とは違ったまったく別の趣味を楽しめるようになるには、あと少なくとも5、6年はかかりそうだ。

 そんな感慨をいだいた一日だった。

|

« これは恐怖の避難になる 浜岡原発震災 | トップページ | 論文の査読者も事実より信念で判断する »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533942/59063372

この記事へのトラックバック一覧です: ダンスは楽しい、はずなのだが:

« これは恐怖の避難になる 浜岡原発震災 | トップページ | 論文の査読者も事実より信念で判断する »