« 神は宇宙のどこに? 思考の境界線 | トップページ | 木曽町版「見上げてごらん夜の星を」 »

「百考は一行に如かず」の有言実行

(2014.01.25)  以前のこのブログで、小泉純一郎元首相が日本記者クラブにおいて「即原発ゼロ」をぶち上げたことは、紹介した。その講演後、百聞は一見に如かずをもじって

 百考は一行に如かず、つまり、いろいろ理屈をつけて考えるよりも、一度実際に行なってみるのが一番確かであり、説得力もある

と語って、その揮毫まで黒々としていた。

 即原発ゼロの論理も正論であり、ケチのつけようがない。大義名分はあるからだろう、

 小泉氏は、自分と同じ即原発ゼロをとなえ都知事選に打って出ようとした細川護煕氏を全面支援する行動に出た。先日から、一緒に選挙カーに乗り、支持を訴えて回っていた。

 この姿を見て、

 どんなに大義名分のある「即原発ゼロ」であっても、それを言うだけではダメ。行動が肝心。引退したとはいえ、政治家として言ったことを体を動かして、実行してみせた。その気迫のすごさに圧倒された。

 ごちゃごちゃ言わずに、実行。

 ましてや大義名分がある。政治家は言葉の力とその実行力でその真価が試される。

 選挙結果に注目したい。しかし、どうなるにせよ、ブログ子も、小泉元首相の選挙カー壇上での応援姿を見て、

 言うだけのジャーナリスト

であってはならないと誓った。

 憂国の士、いまだ去らず。

 久々に、そんな言葉がピッタリの政治家に出会ったような気がする。

|

« 神は宇宙のどこに? 思考の境界線 | トップページ | 木曽町版「見上げてごらん夜の星を」 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533942/59002430

この記事へのトラックバック一覧です: 「百考は一行に如かず」の有言実行:

« 神は宇宙のどこに? 思考の境界線 | トップページ | 木曽町版「見上げてごらん夜の星を」 »