« 最後発の強みを生かす 自然史系博物館 | トップページ | 「疑うことから出発」のススメ »

遠州灘の「旬」、ながらみ

Image813_2 (2013.03.25)  JR浜松駅のデハ地下の鮮魚店に

 今が旬 ながらみ

と出ていた(写真)。箱売りで、2100円。少なくなったとはいえ、これだけの量を平台にドンと乗せてあるのを見たのは初めて。大将に聞いてみると、遠州灘の福田(ふくで、と読む)港で水揚げしたらしい。浜松市の隣市、磐田の漁港である。

 このブログでも、4年ほど前に紹介したのだが、今から1500万年ぐらい前に暖かい南の海から移住してきたらしい。この巻貝の貝殻の美しさにはほとほと感心する。芸術的と言っても決して大げさではない。

 そのまま生姜醤油につけて食べるのがおいしい。そう思っている。

 1盛、500円。今晩の晩酌の肴が決った。

|

« 最後発の強みを生かす 自然史系博物館 | トップページ | 「疑うことから出発」のススメ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533942/57033268

この記事へのトラックバック一覧です: 遠州灘の「旬」、ながらみ:

« 最後発の強みを生かす 自然史系博物館 | トップページ | 「疑うことから出発」のススメ »