« 肉に見せられるワケ 朝日新聞「GLOBE」 | トップページ | 現実をSFにする映像技術  透明人間も »

女は美貌、男は健康が得 in 浜松・忘年会

(2012.11.25)  新聞社の論説記者だったせいか、あるいは、この歳になったせいか、ブログ子は、こちらから問いかけたことに対する相手の即興的な返答で、その人の実力がズバリ、あるいは、おおよそわかる(と思っている)。

 Image41020111122_2 先日、勤労感謝の日の夜、行きつけの飲み屋で常連さんだけで少し早い忘年会を開き、ブログ子も参加した(写真は去年の様子)。店の常連さんといっても、知らない人もいる。お酒が少し入ったころ、きりっとしたなかなかの美貌の女性と、隣に座った40代の働き盛りの独身男性が好きなネコ談義をしていた。互いにネコ好きらしく男性の携帯の待ち受け画面には愛猫が映っている。

 話が途切れたようだったので、突然のように、その女性に

 「美人と言われるのは、女性にとって得か、損か」

と質問した。「同性の女性から憎まれて損」、あるいは「私にはわからない」と謙遜するだろうと予想した。ところが、件の女性、なんと

 「得。だって、それは男にとって健康が得であるのと同じだもの」

と堂々と即答したのには、びっくりした。これには参った。 

 というのは、たいていのほ乳類、たとえば、イノシシの仲間では、メスがオスを選ぶ場合、口から出ている角のような歯が二本ともきれいで、そして立派なほうのオスを選ぶ。形が曲がっていたり、不ぞろいだったりの不健康なオスには、どんなに好かれてもなびかない。生物学の世界では、よく知られている「法則」。

 オスは、健康そうな、見た目が大事

なのだ。人間の男も、いわゆるイケメンである必要はないが、健康であることは絶対なのだ。子孫を残すには。もちろん、健康でイケメンなら申し分はないだろう。

 この事実をズバリ言ってのけた件の女性の直感力の鋭さ、聡明さに感心した。

 41a8gmy48l__sl500__2 忘年会の席からいろいろ漏れてくる話をまとめると、この女性、どうやら若い時には(今もそうかもしれないが)ニューヨーク住まいでジャズ・ボーカリストをしていたらしい。どうりで、スタイリッシュなヒカリものを身につけていてもよく似合う。今は、ジャズっぽい演歌も歌うという。

 たとえば、昨年あたりから売れ出しているという浜圭介作曲の

 CD「愛の法則」(写真)

なども、そうらしい。

 今、そのCDを「アマゾン」で買って、聴いているのだが、秋田美人のこの店のママさんも、これはきっと許してくれるだろう。

 補遺 

  写真上は、昨年2011年11月の忘年会の様子。

|

« 肉に見せられるワケ 朝日新聞「GLOBE」 | トップページ | 現実をSFにする映像技術  透明人間も »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

CDお買い上げありがとう!
ブログ見てアララ?って感じです、聡明な方に聡明といわれてfujiこんな気分ですわ
お礼にbarどうぞ

投稿: Marielou | 2012年11月25日 (日) 23時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533942/56189061

この記事へのトラックバック一覧です: 女は美貌、男は健康が得 in 浜松・忘年会:

« 肉に見せられるワケ 朝日新聞「GLOBE」 | トップページ | 現実をSFにする映像技術  透明人間も »