« 弥縫策の愚  日本の「10万年後の安全」 | トップページ | 知っているようで 年間空間線量率って何 ? »

何のために伏見人形は作られたか その源流

(2012.04.22)  ヒマな昼の時間にふと、民放のBSフジを見たら、

 京都「美の創造者」 伏見人形

というのを紹介していた。伏見稲荷大社近くにある

 窯元「丹嘉(たんか)」の大西時夫さん

の工房を訪ねていた。ブログ子は、若い頃、伏見近くに住んだことがあり、大社には何度も子どもを連れて散歩の代わりに訪れており、懐かしい思いで拝見した。まだ伏見遊園地があった頃である。

 伏見人形の素朴な味わいが気に入り、縁日の帰りに大社近くのお土産屋で買ったことはある。しかし、それがどのようにしてつくられるのか、まったく知らなかった。

 それが、今回、手に取るようにわかったのは、うれしかった。伏見人形は、一年をワン・サイクルとしてつくられる。春から夏にかけて型を起こし、夏に天日で干した後、窯で素焼きする。絵の具の状態がいい秋から冬、春に「顔描き」をする。そんなサイクルだ。粘土は大社のある稲荷山のものを使う。昔は薪の窯だったが、今は電気炉で素焼きするという。

 大西さんによると、人形の心を映す「まゆ毛」が顔描きの重要なポイントだという。10年ぐらいの経験が必要らしい。

 伏見人形は、全国の土人形の源流らしい。何しろ全国約3万社というお稲荷さんの総本社なのだから、大社参りのお土産だった伏見人形が源流となるのも不思議ではない。伏見人形をお土産として、ふるさとに持ち帰り、それを形取りし、独自の工夫も加えた。

 北前船で日本海の寄港地にも広がったらしい。博多人形(福岡市)、鶴岡人形(山形県鶴岡市)、堤人形(宮城県仙台市)などである。

 ブログ子の暮らす地域でも、

 大浜人形

という土人形がある(碧南市大浜)。三河は三州瓦の産地であり、その粘土質の土で土人形をつくったという。浜松市博物館(浜松市)にも、この人形(歌舞伎「勧進帳」土人形)が展示されている( 注記 )。

 それはともかく、この番組を見て、不十分な点というか、不親切な点があった。

 一つは、伏見人形自身の源流はどこか、そして何かということがまったく触れられていないことだ。伏見人形については、大社近くの極楽寺に、弘法大師時代のものとされている仏像土人形が残っているとその映像が番組で紹介されていた。

 しかし、それをさかのぼるとどこに行き着くのかということまでは何も番組では語られなかった。

 思うのだが、伏見土人形の源流は

 おそらく、古墳時代の埋葬副葬品、埴輪(はにわ)

ではないか、とふと想像したり、思ったりした。埴輪の埋葬で、死んだ貴人の来世の幸せを祈った。その風習が庶民によって伏見人形として受け継がれたと考えたい。

 もう一つは、何のために伏見人形がつくられたのかという点が番組ではまったく触れられていなかったのは残念だ。なかなか確定しがたかったのかもしれない。しかし、この点が語られないようでは、伏見人形の位置づけ、あるいは全国に広まった理由がわからないと思う。

 源流が埴輪らしいこと、伏見稲荷大社の祭神が農耕の神様や商業の神様であること、稲荷とは豊饒の「稲生」であること、伏見人形のモデルに福福しい七福神の一人、布袋さんが多いことから、伏見人形は、基本的に

 庶民の幸せを祈るためにつくられた

のではないか。そんな気がした。単なる郷土玩具、子ども向けのおもちゃではない。そう考えれば、江戸時代に急速に広まっていったのもうなづけるように思う。

 皮肉ではなく、いろいろ考えさせてくれた番組だった。

注記  余話

 この大浜人形は、伏見人形と同様、土でつくられた人形ではあるが、その全体の大きさ、形、力強いつくりの点で伏見人形とはだいぶ趣が異なる。

 おそらく展示の「勧進帳」の大浜人形は、パネルに説明はないが、

 三河の鬼瓦職人、斉藤梅三郎(本名・梅太郎)が冬場の副業として提供した元型から型取りし、窯元の職人がその上に絵付けしたもののひとつではないか。斉藤氏は歌舞伎に造詣が深かったことが知られている。瓦職人と絵師の合作のような気がする。つまり、みやびな伏見系とは別の、もののふの三河系であろうと想像する。この意味でいうと、三河系の土人形は庶民の幸せを祈るためにつくられたのではない、ともいえそうだ。

|

« 弥縫策の愚  日本の「10万年後の安全」 | トップページ | 知っているようで 年間空間線量率って何 ? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533942/54534979

この記事へのトラックバック一覧です: 何のために伏見人形は作られたか その源流:

« 弥縫策の愚  日本の「10万年後の安全」 | トップページ | 知っているようで 年間空間線量率って何 ? »