« 人の気持ちを「コーティング」する  辺見庸氏の怒り | トップページ | おバカさんの時間  「分裂の文明」をこえて »

北朝鮮批判も結構だが-インドが大陸間弾道ミサイルの実験

(2012.04.17)  あれだけ、平和目的の人工衛星の打ち上げ実験であると再三言明した北朝鮮なのに、いや、いやそうではあるまいと日本で連日大騒ぎした。なのに、

 インド、弾道ミサイルあすにも実験

というインドの通信社のニュースには、ほとんど誰も見向きもしないのはなぜなのだろう。

 Image496 日経新聞などは、きちんとしたニュースにすらしていない(写真=4月17日付日経新聞「ダイジェスト」)のにも、驚いた。わずか10行あまりの記事だが、インド政府はなんと堂々とこのミサイルは核兵器の搭載が可能な大陸間弾道ミサイル(いわゆるICBM)であることを明言している。究極の核兵器の実験であり、天敵の中国全土を射程に収める。西日本もおおむね射程距離に入る。実験は米ロ中といったミサイル大国入りが狙いだという。

 なのに、日本人は何の反応もしない。なんとも不思議でしょうがない。

 それは不思議でもなんでもない。北朝鮮には失礼だが、北朝鮮は何をしでかすかわからない国際社会の〝嫌われ者〟なのだから。それに比べ、インドはなんといってもお釈迦様の国だからいいのだ。ICBMもきっと平和目的で使用してくれるだろう、とでもいうのだろうか。

 インドも北朝鮮も、核兵器の拡散を防止する唯一の発効条約、核拡散防止条約(NPT)に加盟していないという点では同じなのだ。どちらもこの条約には縛られない(日本はもちろん、批准国)。

 インドはもともと、はなから未加盟(調印すらしていない)。

 それに比べ、北朝鮮は一旦は加盟し批准したものの、1994年、核査察のあり方ひとつをとっても核保有国と非保有国との間の不平等さがひどすぎる、核保有国が条約に定められた軍縮努力を意図的にサボっているとして腹を立て脱退。自分たちの主権が今まさに窮地に立たされている。脱退は正当な権利の行使であるというのがかの国の言い分。この経緯からは、まだしも、インドに比べ、北朝鮮はなにがしか誠実といえるだろう。

 北朝鮮は先ほど、アメリカと、食糧支援を条件に弾道ミサイルの発射実験をしないと合意したではないか。それを破るのはけしからん。そういう言い分もあろう。

 確かに、アメリカは、弾道ミサイル実験には平和目的の人工衛星も含まれると北朝鮮に対し交渉過程で主張はした。しかし、それを北朝鮮が認めたかどうかはあいまいなのだ。北朝鮮側は、含むことに合意していないとしている。成果を急いだアメリカの詰めの甘さが露呈したのだ。海千山千の北朝鮮に、はっきりいえば、してやられたのである。

 NPTが不平等条約であるからごたごたが起こる。インドは、この公知の事実をたくみに生かして、国際社会の批判をかわし、堂々とミサイル大国の道をひた走りに走っている。

 そもそも日本の車をたくさん買ってくれる上得意のインドだから、ミサイル実験を問題視しないというのは、純真な子どもの論理だろう。

 北朝鮮だけをたたいていればいいというような、のんきな太平楽を並べているのでは、日本の安全は守れない。そのことをインドの弾道ミサイル実験のニュースは教えてくれている。

   追記

 さすがに、朝日新聞もおかしいと思ったのだろう。

 4月20日付朝日新聞朝刊で

 インドと北朝鮮との違いは、どこにあるのか

という記事が載っている(写真)。

    あああでもない、こうでもないと、いろいろ歯切れ悪く書いているが、きちんとした法律論になっていない。要するに

 インドは核兵器技術を他国にもらさなかった優等生

 北朝鮮は「ミサイル技術をイランやパキスタンなどに輸出しているとされる」ならず者

2いうのが理由らしい。

 もう一つ、インドは人口約10億人の将来なにかと市場が見込める育ち盛りの〝おいしい国〟

 これに対し、北朝鮮は、人口約2500万人足らずの食うや食わずの〝貧乏神がとりついた国〟で、お近づきになりたくない国

という違いなのだろう。インドには何くれとなく先進国は気を使っているのだ。

 たとえば、日本政府。官房長官は記者会見で、違いについて

 「インドは国際社会において、弾道ミサイル開発を何ら禁じられているわけではない」

という風に。中国がほとんど何の反応も示していないのは、大人の対応ともいえるが、不気味でもある。

 北朝鮮に肩を持つわけではないが、身から出たさびとはいえ、これでは、北朝鮮がむくれるのも無理はない。

|

« 人の気持ちを「コーティング」する  辺見庸氏の怒り | トップページ | おバカさんの時間  「分裂の文明」をこえて »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533942/54498011

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮批判も結構だが-インドが大陸間弾道ミサイルの実験:

« 人の気持ちを「コーティング」する  辺見庸氏の怒り | トップページ | おバカさんの時間  「分裂の文明」をこえて »