« 雑草にも生いたちがある ある友人からの賀状 | トップページ | 地震の直前「予知」と確率予測とは別物 »

東電はおかしくないか 福島第一原発は予見できた人災

(2012.01.17)  東京電力の経営陣のこのところの公式な場での発言がおかしい。

 まず、株主たちが東京電力に対し、歴代の経営陣に巨額の損害賠償を求める裁判を起こすよう求めたのに対し、同社監査役の発言「(事故の原因は)想定を大きくこえる自然災害(主に津波のことをさす)によるものだ」として提訴を拒否した件。

 次に、これも最近のことだが、国会の事故調査委員会(いわゆる黒川委員会)に参考人として招致された同社副社長(同社の事故調査委員会委員長)の発言「(地震や津波への備えについては)事業者として、(得られた知見に)忠実に対策をとってきた」として、重大な過失はなかったとの認識を示した件。

 東電の想定を大きくこえる自然災害ではあったかもしれないが、そうした災害が起きる可能性については科学的に予見されていた。つまり、刑事責任が問われる要件の一つ、予見可能性があった。

 また、これまで明るみになった事実に照らしてみただけでも、津波対策について、東電は科学的な知見に忠実な対策をとってきたとはとてもいえないのではないか。回避可能性があったのに、その対策を放置してきたといったほうが正確だと思う。刑事責任が問われる第二の要件、とろうと思えばできる回避策があったのだ。

 これまでの政府の事故調査検証委員会の中間報告や報道内容に照らすと、

 自然災害に端を発してはいるものの、今回の原発事故は、チェルノブイリ事故同様、

 予見できた人災

であったと言えるのではないか。チェルノブイリ事故の場合、原子炉の構造、特に制御棒の構造に(低出力時には核暴走しやすいという)重大な欠陥あることは事故以前から知られており、それが事故の原因であった(ただし、現場の運転員には知らされていなかった)。

  福島第一原発の場合も、

 原発施設の配置に重大な欠陥があったことが事故の原因

ではないか。津波で非常電源が水没するという単純明快な、しかも重大な欠陥だ。事業者の業務上、当然払うべき注意を怠っていたと指弾されても仕方あるまい。

 今夏に向けて、

 責任の所在を追及よりも真相の全容解明を目指す政府の事故調査検証委員会(畑村委員会)

 真相を究明し、責任の所在を明確にする国会の事故調査委員会(黒川委員会)

そして、教訓と提言を目指す

 民間の事故独立検証委員会(民間事故調=北澤委員会)

 さらに、東電内の事故調査委員会(委員長=同社副社長)

  が本格的に動き出す。

 それぞれがどんな結論を出すか、注目したい。

 忘れてならないのは、内閣府の原子力安全委員会(斑目春樹委員長)の責任問題とその大改革だ。脱原発の道を選択するしないに関わらず、改革は避けて通れない。

 言い方がきついかもしれないが、職責の重さに比べて、事故発生以来、あまりにもいい加減な対応に終始したことは責められてしかるべきであると考えざるを得ない。委員長の事故直後の

 長時間にわたる全交流電源喪失という事態は想像だにしていなかった

との趣旨は、1980年代、米GM社でも詳しく解析されて消失は重大な事故につながると警告すらなされていたのだから、専門家の発言としては理解に苦しむ。このほか専門家らしい発言、行動はほとんどなかったのではないか。なぜ、安全委員会は機能しなかったのか。この点の解明も待たれるところだ。

 つまり、後ろに隠れている顔の見えない技術者や科学者の社会的な責任についても、具体的な事故を通じて解明されることが、今後の事故防止には欠かせないだろう。黒川委員会には、学者の国会といわれる良心にかけても、この点の

教訓と提言

に期待し、待ちたい。

 こうした委員会の結論がでそろった時、チェルノブイリ事故の場合のように、

 国際検証会議

の開催が必要だ。事故原因あるいは被害拡大の原因について各国が共通の認識を持つためである。

 チェルノブイリでは事故後わずか4か月後の1986年8月に開かれている。この事故の場合、本当の事故原因が公表されたのは、事故当時、情報公開が叫ばれていたのにもかかわらず、旧ソ連崩壊後の

 事故再検証委員会報告(シュテインベルグ報告書、1991年)

においてだった。報告書の結論で初めて、

「事故は運転員の責任ではない。原子炉の設計上の重大な欠陥が原因」

と明記されたのである(NHKスペシャル「チェルノブイリ 隠された事故」 1994年1月放送)。国際検証委員会では、第二、第三の福島原発事故を防止するために積極的な情報の公開が望まれる。

|

« 雑草にも生いたちがある ある友人からの賀状 | トップページ | 地震の直前「予知」と確率予測とは別物 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533942/53759723

この記事へのトラックバック一覧です: 東電はおかしくないか 福島第一原発は予見できた人災:

« 雑草にも生いたちがある ある友人からの賀状 | トップページ | 地震の直前「予知」と確率予測とは別物 »