« 多くの謎残したオウム事件 科学と宗教 | トップページ | ブラックホールを見つけた男   »

専門家の思い込み 神話が崩壊するとき

(2011.11.27)  リニューアルオープンしてまもない浜松市博物館(中区蜆塚)をたずねた。いつか対面したいと思っていた

 浜北人(縄文時代以前の、今から14000年から18000年も前の旧石器時代人。化石人骨)

にお目にかかった。といっても、頭骨、右上腕骨、右尺骨、骨盤(女?)の精密なレプリカ(本物は、東大総合研究博物館所蔵)。出土地は浜松市浜北区根堅の石灰岩の割れ目から出土したという。説明板には「本州で最古の人骨」とあった。

 この若い女性と考えられる新人は、今から約10万年前、アフリカ東部を出発した新人(ホモ・サピエンスの中の現生人類)が世界中に広がり、約4万年前には大陸と陸続きであった北海道か、九州・沖縄から日本列島に入ってきた人たちの子孫の一人なのだろう。

 博物館の近くには、佐鳴湖(かつては遠州灘とつながっていた)があり、博物館に隣接した巨大な貝塚がいくつもあり、縄文式の建物も数棟発掘されており、その復元もあった。ということは、博物館のあたりには、かつて縄文集落(今から3000年から4000年前)があったことになる。シジミや三方原台地の木の実を食べていたのだろう。たまにはイノシシやシカも食べたらしい。貝塚にその骨が出て来るそうだ。

 浜北人の出土地と蜆塚遺跡とはそう遠くない。ということは、

 あるいは浜北人の子孫が縄文時代に蜆塚をつくった

と考えても不思議ではないだろう。

 とすれば、旧石器遺跡がこのあたりに発見されてもおかしくないことになる。

 日本で初めて縄文以前の旧石器時代の遺跡が発見、確認されたのは戦後間もないころだが、それまでは考古学の専門家は、

 日本には縄文以前の旧石器時代(今から12000年以上古い無土器時代)は存在しない

と信じられていた。発見したのは、アマチュアの考古学者、相沢忠洋である。先入観のない目でこつこつと遺跡探しをやって見つけたものだ。思い込みがなかった。日本に旧石器時代はないという科学的な根拠のない、いわば神話であることがこの岩宿遺跡(群馬県、今から約25000年以上古い)の発見によって初めてわかったのだ。

 驚いたことに、これを契機に続々と国内に旧石器遺跡が全国で見つかっている。つまり、土器は使用していないが、磨製石器が出土する。いわゆる後期旧石器時代の遺跡だ。今では、全国に10カ所近くもある。

 残念ながら、旧石器時代人の人骨は見つかっているが、浜松にはまだそうした旧石器遺跡は見つかっていない。思い込みを排して、丹念には浜北区あるいは中区の佐鳴湖付近を調査すれば、後期旧石器時代の住居遺跡が必ず出てくると思う。

 この湖の近くからは、今から約1万年まえから数十万年前に生息していた

 ナウマンゾウの大腿骨(今から約20万年前のもの)

や歯、後ろ足と骨盤の一部が見つかっている。当時、食料にしようとしてこのナウマンゾウを追って大陸から新人もやってきたはずだ。定住もしただろう、協力して獲物をしとめるため集落もつくっただろう。

 いつか、きっと、浜松には旧石器時代の遺跡・住居跡が発見されるだろう。

 そんな思いで、博物館を後にした。

 思えば、専門家の思い込みは、何も考古学だけでなく、最近では

 日本付近では、M9.0以上の超巨大地震は起こらない

という根拠のない神話が東日本大震災で一挙に崩れた。崩れた跡では、M9.0の地震は過去にもあった、今後もその可能性があるとの専門家の学会発表、論文発表が相次いだのは皮肉なことだ。

 また、宇宙の膨張についても、重力が働いて当然、膨張は減速しながらふくれており、いずれはその膨張は止まるという神話

も崩壊した。今年のノーベル物理学賞は膨張は、減速するどころか、ますます加速しているという観測的な成果に授与される。ここにも専門家の思い込みがあった。

 既成概念、既成理論は思い込みを生む。

 ノーベル賞の発想とは、専門家がその思い込みにいかにブレイクスルー(突破口)を開く着想を得ること

であろう。

 追記 

 上記の博物館の表示で

 浜北人は、本州最古の人骨(旧石器時代人)

となっている理由は、沖縄県には

 港川人(旧石器時代人の全身骨格、約18000年前)

など、約15000年前から約32000年前の人骨(後期旧石器時代)が数体発見されているからだ。この事実を言わずして、本州最古とするのは、ある意味、来館者に不親切であり、「日本最古の人骨」という誤解を与えかねない。表示に一工夫が必要だ。

   それともう一つ、間違いではないが、「浜北人は、本州では旧石器時代人の唯一の出土例で、最古の人骨」と唯一を強調すべきではなかったか。説明にはこの「唯一」がない。説明板の説明では、本州にはいたるところに旧石器時代人の骨が出土しているが、その中でも最古」という意味に早合点されて、出土品の貴重さが十分に来館者に伝わらない恐れがある。せっかくの貴重な展示品の値打ちを博物館自らが見逃しているのは残念だ。

 追記2

 ブレイクスルーに関する好著には

 『ブレイクスルー イノベーションの原理と戦略』(Ohmsha)

がある。ノーベル賞級の発想の数々が書かれている。思い込みを取り除くには、一般化する、あるいは遊びなど、違った見方をしてみるという柔軟さも一つ方法穂だと指摘されている。技術者や科学者ではない人にも一読の価値がある。

|

« 多くの謎残したオウム事件 科学と宗教 | トップページ | ブラックホールを見つけた男   »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533942/53345637

この記事へのトラックバック一覧です: 専門家の思い込み 神話が崩壊するとき:

« 多くの謎残したオウム事件 科学と宗教 | トップページ | ブラックホールを見つけた男   »