« 素数の魔力と宇宙の調和  数学と宇宙の関係。なぜか天文学者、ケプラーを思い出した | トップページ | 坂の上のW杯優勝   「日本サッカーの50年」 »

風を食べる生き物 ストランドビーストって何 ? 元日夜の番組から

 元日の夜、NHKハイビジョンを見ていたら、

 風を受けて歩行する生物というか、機械

について紹介されていた。Strandbeestというのだそうだ。あえてこのオランダ語を訳すると「砂浜の動物」。風のエネルギーを歩行動作の機械エネルギーに変換する仕組みである。その材料は、薄黄色のプラスティックの管だけだ。オランダ人技術者で画家でもあるテオ・ヤンセン氏の長年の研究成果である。番組では、そのミニストランドビーストづくりに日本の中学生が挑戦している様子も紹介されていた。

 テオさんの作品は、大きく、しかもあたかも生物がうごいているかのように滑らかに歩行するのにびっくりした。

 生物というのには、自己複製ができることが必要だが、実は、人間を介してさまざまな国でストランドビーストが普及し始めていたのだ。自己複製は、ある意味行われているとみることもできそうだ。

 こうしたユニークな番組も楽しい。意外な正月番組だった。2011.01.02

|

« 素数の魔力と宇宙の調和  数学と宇宙の関係。なぜか天文学者、ケプラーを思い出した | トップページ | 坂の上のW杯優勝   「日本サッカーの50年」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント


諦めるもんじゃないね、人生何事もさ。
http://eo2-fkp.das.murapon.net/
↑余裕で魔法使いだった私も卒業できたからね。
いい体験だったし、自分に自信もつけられたよ。

投稿: 凄い!!どんどん奥まで・・・ | 2011年1月 4日 (火) 12時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533942/50473780

この記事へのトラックバック一覧です: 風を食べる生き物 ストランドビーストって何 ? 元日夜の番組から:

« 素数の魔力と宇宙の調和  数学と宇宙の関係。なぜか天文学者、ケプラーを思い出した | トップページ | 坂の上のW杯優勝   「日本サッカーの50年」 »