« 飄々として毅然 糖尿病がエアロビクス日本一を支えた 世界デーで考える | トップページ | 科学版「藪の中」 井上靖「氷壁」を読んで »

「テレビを見る権利」はあるか。 わが家も地デジ化して

 わが家はいまだアナログテレビを時々見ている。最近、気になるのは、画面の上下に頻繁に

 「2011年7月、ご覧のアナログ放送は終了し、見ることができなくなります。地デジ化のお問い合わせは054-333-5700(デジサポ゚静岡)」

 とテロップが流れることだ。うっとうしい脅迫だ。

 つい最近では、12月から、政府の地デジポイントが大幅引き下げ、半額に。それも来年3月まで、今がチャンスと、家電量販店が大宣伝しはじめている。量販店自身のポインも製品価格の10%、中には15%というのもあって、消費者心理を煽り立てている。日曜日などは結構、購入予約者で店内は混雑している。わが家もその手に乗ってつい、手続きをして買ってしまった。届くのは2週間後である。

 地デジ対応のテレビは、すべて各局のテレビ番組表が画面に呼び出せるから、もう新聞は定期購読する必要はないと思った人も多いのではないか。新聞の終面「テレビ・ラジオ」欄があるから、仕方なく、新聞を定期購読しているという家庭も多いはずだ。だから、地デジ化は、今でも斜陽化している新聞業界をますます窮地に追い込みそうだ。だがら、新聞は、速報ではなく、意見・主張や解説がますます重要になってくる。

 ところで、こうしたあわただしい情勢を見ていると、ふと、

 テレビを見る権利

というのがあるのではないかと思った。来年7月に電波停止した時、もし、地上波のデジタル化をしていなかった家庭、職場ではテレビが見られなくなる。新聞が読めなくなっても一向に構わないという人は多いだろうが、テレビは困る、という人は多いに違いない。

 テレビ関係者、総務省など放送行政にかかわる人は、きっと今、この対策に頭を悩ましているに違いない。特に、深刻なのは、国民にあまねく放送を提供しなければならないNHKだ。

 だから、来年7月でアナログ停波はない。すなくとも半年は延期

という声もあるようだ。お隣りの韓国やアメリカも柔軟に対応したではないかという声もある。

 この際、テレビはくだらない番組が多い、もう見ないと考えるのか。デジタル化は世界の潮流、そのメリットを生かす生活を創造しようとするのか。視聴者もなにげなく見ていたマスメディアのあり方を自ら見直すことになるだろう。

 ちなみに、小生は、憲法にうたう健康で文化的な最低限度の生活をする権利のひとつとして

 テレビを見る権利

 があると考える。最低限度とは、政府とは独立して国民が経営するNHKの総合アナログテレビを指すと考えたい。だから、現在、6割程度と地デジ化は十分とはいえない。国民の大多数が移行を完了するまでは、停波時期の延長はやむをえないだろう。

 ところで、アメリカの経済学者、ジョージ・ギルダーさんが、20年近く前、パソコンの普及で

 テレビの消える日が近い将来来る

と予測した(『テレビの消える日』(講談社)、1992年 )。パソコンにテレビが取り込まれるというのだが、一向にそのような様子がない。むしろ、テレビがパソコンを取り込みつつあるようにも見える。当時、小生は、大学のマスメディア講義で、この本を取り上げ、

 テレビは人間の目の拡張であり、パソコンに取って代わることはないだろう

と学生たちに訴えた。それから、15年、そのとおりになりつつある。

 テレビは人間の目の拡張であるというマクルーハン的な観点から言えば、

 国民には、テレビを見る権利がある

と断言できる。目の機能を停止させるような停波は、基本的人権の保護からは、到底許されないからだ。ここが多様な形態で発行されている新聞メディアとは違う。

 そんなことを考えさせられたわが家の地デジ化元年だった。

  とは言え、

 最近、

 「明日のテレビ チャンネルが消える日」(志村一隆、朝日新聞出版、2010年7月発行)

という本も出ている。双方向テレビ以上の衝撃が起きるのだろうか、地上波のデジタル化完了後の今後、注目したい。2010.11.19

|

« 飄々として毅然 糖尿病がエアロビクス日本一を支えた 世界デーで考える | トップページ | 科学版「藪の中」 井上靖「氷壁」を読んで »

ニュース」カテゴリの記事

コメント


看護婦はやっぱり、アソコの扱いにも慣れてるのか、アレが最高に気持ちよかったwwww

スペ●マを大量に飲まれて 5万円もらった。おいしすぎるwwwww♪♪

http://amvdbne.pen.vecter7.net/

投稿: やびゃらコリャァァ!!! | 2010年11月20日 (土) 12時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533942/50072926

この記事へのトラックバック一覧です: 「テレビを見る権利」はあるか。 わが家も地デジ化して:

« 飄々として毅然 糖尿病がエアロビクス日本一を支えた 世界デーで考える | トップページ | 科学版「藪の中」 井上靖「氷壁」を読んで »