« 子どもの臓器移植 意思不明のためらいは「提供OK」の改正法 移植は増えるか | トップページ | 久しぶりに元気の出る映画を見ました。間違って。大阪のロッキー「ボックス ! 」 »

新聞も読める「iPad」 いよいよ来るべきものがきた感じ

 6月1日付静岡新聞経済面を見ていたら、

 30以上の新聞、雑誌「iPad」に配信

という見出しに、小生、

 いよいよ来るべきものが来た

という衝撃を受けた。iPadと言えば、電子書籍。電子書籍と言えば、iPad。との印象が強いが、よくよく考えれば、新聞は毎日発行される本と考えれば、

 いずれ新聞も提供されるであろう

と考えても何ら不思議ではない。記事によると、

 提供新聞は毎日新聞と西日本新聞、スポニチの3社の主要記事が紙面の形でそのまま読める

それが月々450円の利用料でで読めるのだから安い(通信料は別だが)。日本テレビは、ニュース動画を随時配信するというからすごい。そのほか、朝日新聞社の「AERA」、講談社の「FRIDAY}もだ。今はまだまだ少ないが、いずれ、大きな変化になるような気がする。

 小さな記事だが、大きな変化になるだろう。2010.06.02

|

« 子どもの臓器移植 意思不明のためらいは「提供OK」の改正法 移植は増えるか | トップページ | 久しぶりに元気の出る映画を見ました。間違って。大阪のロッキー「ボックス ! 」 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533942/48525860

この記事へのトラックバック一覧です: 新聞も読める「iPad」 いよいよ来るべきものがきた感じ:

« 子どもの臓器移植 意思不明のためらいは「提供OK」の改正法 移植は増えるか | トップページ | 久しぶりに元気の出る映画を見ました。間違って。大阪のロッキー「ボックス ! 」 »