« 「死刑裁判」の現場 土本武司氏のためらい | トップページ | 子どもの臓器移植 意思不明のためらいは「提供OK」の改正法 移植は増えるか »

ジャズ・ギタリスト、マイク・スターンを聴く イン 浜松 

 やはり、迫力があった。

日本人のジャズは、草食系

だが、

本場アメリカのジャズは、肉食系

だと感じた。5月30日、日曜日午後、浜松でのジャズ・ウイークのコンサート(ヤマハ・ジャズ・ウイーク)である(B席=3000円)。トリオでの出演で、アクトシティ大ホールだ。ただ、スターンは、かのマイルス・デービスの下で、ジャズ・ギタリストとして抜てきされたということのようだが、どうもマイルス流のしっとりしたモードジャズという感じではない。どちらかというと、ビバップ風の迫力があった。

 日本人としては、佐藤允彦(まさひこ)氏がジャズピアノで出演。ボーカリストでは、Akikoがうたっていた。楽しいジャズを聴かしてくれた。夜の公演だったら、もっと盛り上がっただろう。

 たまには、ジャズもいい。そんな1日だった。2010.05.31

|

« 「死刑裁判」の現場 土本武司氏のためらい | トップページ | 子どもの臓器移植 意思不明のためらいは「提供OK」の改正法 移植は増えるか »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533942/48505252

この記事へのトラックバック一覧です: ジャズ・ギタリスト、マイク・スターンを聴く イン 浜松 :

« 「死刑裁判」の現場 土本武司氏のためらい | トップページ | 子どもの臓器移植 意思不明のためらいは「提供OK」の改正法 移植は増えるか »