« 失われた被爆遺産 旧浦上天主堂 | トップページ | びっくり !  チンパンジーに「弔い文化」 ? »

快晴、伊豆・城ヶ崎海岸ウオーキング へんてこな岬名の由来

 大型連休の一日を利用して、快晴の伊豆・城ヶ崎海岸、約10キロを職場仲間と歩いた。伊東市のこのあたりを静岡県などは、珍しい地質が多いということがあり、ユネスコ認定の地質の世界遺産「ジオパーク」にしてもらおうとの動きが最近、活発化している。

 果たして、どんなところか、現地を歩いてみたい

そんな思いで、この地に実家のある職場仲間を案内人に9人で出かけた。この日は快晴で、現地に向う新幹線の車窓、新富士駅からは見事な

 雲一つない快晴の雪の富士山

が眼前に広がったのは感激だ。しかも、最近、新雪が降ったこともあり、宝永山の下まで雪を頂いた見事な富士山であった。熱海駅で降り、黒い車体の普通電車「黒船電車」で南下、現地の伊豆急「伊豆高原駅」に到着、ここからスタート。

 海岸線にそって歩いたのだが、福井市出身の小生として、驚いたのは、海岸線全体が、まるで東尋坊のように、切り立った断崖、柱状摂理から成り立っていたことだ。この海岸が、近くの火山・大室山(または小室山)からの溶岩でできたことを思わせる光景だ。実際歩いてみると、溶岩からできたような岩がごろごろしていて、大変に歩きにくかった。それでも、遊歩道脇には、緑の葵の形をした葉のフキが沢山生えていた。

 もう一つ、驚いたのは、岬の名前がほとんどひらがなで、標柱に名前がかかれていても、ちょっと意味がわからないものがほとんどだった。しかも、数が多い。こんな具合だった。

 かさご根(ね)、こさいつな、さいつな、こばい、おおばい、びゃくび、ばったり、てんまじり、おとじろう、なが根、あぶな根、まる根、いがいが根

 この「いがいが根」は、まさに、東尋坊の小形版という印象だ。真下を覗くと足がすくむ。

 さらに、遊歩道に沿って北に向うと、岬の名前が

 なみだち、にちょう、だせんば

とりっぱな建物が並ぶ蓮着寺(日蓮聖人ゆかりの寺)まで続いていた。さらに北には、しんのり、ひら根、つなきり

と続き、私たちは、「城ヶ島ブルース」歌碑や灯台のある岬「ならいかけ」まで歩いた。さらにその先には

 もずがね、ふたまた、おおづり、まえかど

というのもあるらしい。そのあたりに「ぼら納屋」もあったらしい。

 そこで、いろいろ聞いてみると、

 これらは、江戸時代に行われていた「ぼら魚」の漁師が位置の目印につけたものらしい。その場所の形や伝説などを織り込んだという。

 中には、日蓮岬

というのもあって、やはりと合点した。「立正安国論」をとなえた日蓮上人が鎌倉幕府の怒りにふれて、伊豆・伊東に流されたところだろう。置き去りにされた小島、「まないた岩」も波に洗われていた。静かな蓮着寺奥の院から、その「まないた岩」を眺めながら、

 あそこに日蓮が置き去りにされたのか

と感慨に浸った。

 いろいろ感慨に浸った大型連休の一日であった。旅の終わりには、椰子の並木道を通った。

 伊東と言えば温泉であり、一風呂を伊東市内の「緑風園」で浴び、疲れを癒した。湯

上りのビールは、言うまでもなく、うまかった。2010.05.02

 注記 

  この小旅行に参加したのは、小生以外に次の職場仲間8人だった(全部で9人)。

 高瀬直樹、篠原光秋、佐藤満、藤田輝夫、鈴木寛一郎、田中実、瀧下勇。ほか原田何某が途中参加。

  今回は海中にどんな生物がいるのか、わからなかったが、

 「伊東ガイドブック 城ヶ崎海岸  海中生物編」(伊東市)によると、

 暖かい黒潮に乗ってやってくるので、南の海の魚が伊豆半島沖には生息しているという。その代表が

 チョウチョウウオ

という。いかにも熱帯魚らしい。海の宝石と言われているウミウシ類も多いらしい。そのせいだろう、この海岸一体には、ダイビングスポットも多かった。ダイビングリゾートハウス(レストラン)もあった。

 こんなことを考えると、

 伊豆は過疎地帯

とは言うが、文字通り、光が降り注ぐ、比較的経済的に豊かな人に人気の「自然も豊かな過疎地帯」だ。うらやましい。

|

« 失われた被爆遺産 旧浦上天主堂 | トップページ | びっくり !  チンパンジーに「弔い文化」 ? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533942/48241487

この記事へのトラックバック一覧です: 快晴、伊豆・城ヶ崎海岸ウオーキング へんてこな岬名の由来:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/05/03 09:45) [ケノーベル エージェント]
福井市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年5月 3日 (月) 09時46分

« 失われた被爆遺産 旧浦上天主堂 | トップページ | びっくり !  チンパンジーに「弔い文化」 ? »