« 団塊世代には心にしみる映画  「マイレージ、マイライフ」 | トップページ | 現代短歌と科学  松村由利子さんの挑戦 »

「新・三銃士」が面白い理由 佐藤東さんの人形指導

 これだから、夕刊は見逃せない。5月18日付読売新聞夕刊に

 NHK人形劇「新・三銃士」の人形指導の佐藤東さんの人物紹介

が出ている。大人が楽しめる人形劇だが、面白いのは脚色が三谷幸喜さんだからだと思っていた。しかし、それだけではない。人形のつくりもいいが、もうひとつ、人形指導がしっかりしているのだ。子供向け人形劇は昔から多い。しかし、大人も楽しめる人形劇となると、ずっと少ない。だから、なかなか人材が育たない。

 最近は子供向け番組が少なくなるのに伴い、人形劇の放映も少なくなっているという。だから、国際市場に打って出るという。それだけ、作品に自信があるからだろう。

 日本のアニメは世界に通用するりっぱな芸術だが、人形劇も、世界に通用するものにしてもらいたいものだ。なにしろ、日本には伝統的に文楽があるのだから。2010.05.18

|

« 団塊世代には心にしみる映画  「マイレージ、マイライフ」 | トップページ | 現代短歌と科学  松村由利子さんの挑戦 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533942/48393381

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・三銃士」が面白い理由 佐藤東さんの人形指導:

« 団塊世代には心にしみる映画  「マイレージ、マイライフ」 | トップページ | 現代短歌と科学  松村由利子さんの挑戦 »