« 「新・三銃士」が面白い理由 佐藤東さんの人形指導 | トップページ | 決定論的な地震予知、確率論的な地震予測 »

現代短歌と科学  松村由利子さんの挑戦

 5月19日付毎日新聞を見ていたら、

 科学ジャーナリスト賞を受賞した歌人

というのには、驚いた。もともと毎日新聞記者で、つい最近まで20年間勤めた。その間、科学記者だったこともあり、同時に、短歌もつくっていたというから、「短歌を通じて読者を科学の世界に誘い込む」ことができたのだろう。記事によると、趣味はダイビング。だからか、美しい海の沖縄・石垣島に在住しているのだろう。

 受賞作は「31文字の中の科学」(NTT出版)

 異能の女性の活躍が楽しみだ。福岡市出身。歌集には「大女伝説」。

 追記。2010.05.19

   短歌ではないが、科学川柳というのがあったと思う。今は亡き今川乱魚さん撰者の

 科学川柳「サイテク川柳」

である。確か、科学技術広報財団のPR誌の広報誌にも作品が掲載されていたように記憶する。

|

« 「新・三銃士」が面白い理由 佐藤東さんの人形指導 | トップページ | 決定論的な地震予知、確率論的な地震予測 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533942/48407333

この記事へのトラックバック一覧です: 現代短歌と科学  松村由利子さんの挑戦:

« 「新・三銃士」が面白い理由 佐藤東さんの人形指導 | トップページ | 決定論的な地震予知、確率論的な地震予測 »