« 内視鏡検査体験記 便は大腸がんからの「血塗られた手紙」である | トップページ | ニホンジカは古着がお嫌い? こうして食害防止 »

宇宙飛行士の離婚 夢と現実の狭間で

 日本人で二人目の宇宙飛行士、山崎直子さんが、米スペースシャトルで宇宙ステーションに向けて飛び立った。1992年9月の毛利衛さんの日本人として初めてのシャトル飛行から18年、11年間の長くて苦しい訓練の賜物であり、快挙だ。これで、ステーションには同時に4人の飛行士が滞在することになる。NASAによると、これまでに50人もの女性宇宙飛行士が誕生している。宇宙ももはや男だけの世界ではなくなった。

 ここまでは、うれしいニュースだが、緊張感を持続して長く苦しい訓練の日々に耐えるのは大変。山崎さんは、実は、母親。女の子がいる。それも話題になっているが、実は、離婚の危機があったという。

   その危機というのは、妻の直子さんというよりも、陰で支える側に徹した夫の大地さんのほうが深刻だったようだ。無力感で自殺まで考えたという。そして、07年には家裁で離婚調停にまで至ったと言う。現実の家庭と宇宙へ行きたいという夢の実現との両立は大変に難しいのだ。ひょっとすると、宇宙環境よりも、ある意味過酷かもしれない。

 大地さんには『宇宙主夫日記』(小学館)というのがあるが、苦しみを乗り越えてきた心境がどんなものだったか、きっと分かるだろう。

 そういえば、現在の現役宇宙飛行士約100人近くいるが、多くは離婚者だという。引退した宇宙飛行士にも離婚者は多い。想像するに、訓練に明け暮れる日々で結婚生活は大変なのだろう。夫の大地さんも、主夫として、悩んだ日々もあったであろう。それらを乗り越えても、打ち上げだったのだ。そんな思いで、シャトルの打ち上げを見送った。2010.04.06

|

« 内視鏡検査体験記 便は大腸がんからの「血塗られた手紙」である | トップページ | ニホンジカは古着がお嫌い? こうして食害防止 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533942/48016858

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙飛行士の離婚 夢と現実の狭間で:

» 山崎直子 旦那 [最速情報]
ハル(DVD) ◆20%OFF!商品価格:3,192円レビュー平均:0.0 [PR]スパーキングレディーカップ 競馬予想山崎直子宇宙飛行士:夢へ大きな一歩 松戸出身の山崎さん、行ってらっしゃい /千葉 21 松戸市出身の宇宙飛行士、山崎直子さん(39)が米東部時間5日午前6時21分(日本時間同日午後7時21分)、米スペースシャトル「ディスカバリー」で、宇宙へ向けて出発した。小学時代にプラネタリウムへ通った少女は、宇宙へのあこがれを... [続きを読む]

受信: 2010年4月 7日 (水) 08時33分

« 内視鏡検査体験記 便は大腸がんからの「血塗られた手紙」である | トップページ | ニホンジカは古着がお嫌い? こうして食害防止 »