« 3Dはすごい カールじいさんの空飛ぶ家 | トップページ | SL列車「三等車」に乗って 晩秋の大井川鉄道本線 »

サイエンススキャンダル 脳科学と温暖化と

 12月9日付読売新聞夕刊を見ていたら、

 サイエンススキャンダル

が国内と海外で2件載っている。一つは、このブログでもちょくちょく書いてきた脳科学者、茂木健一郎氏に関する記事で、

 NHKが茂木氏の番組打ち切り検討

である。4億円の確定申告をしないで、限りなく脱税に近い行為をしたことに対するものだ。私も降板すべきであると断言したい。ただし、確定申告をしていなかったからではなく、その脳科学に対する態度があまりにもひどいからだ。この件については、いまさらここで繰り返すのも恥ずかしいので書かない。興味のある方は、以前のブログを見て欲しい。

 もう一つは、デンマークでの温暖化国際会議に絡んで、

 気温低下データ「隠ぺい?」 英研究者メール暴露 温暖化懐疑派が攻勢

という記事だ。英イーストアングリア大のフィル・ジョーンズ教授が、気温低下傾向を隠すため「トリックを終えた」と米研究者に送信したメールなどが、ハッカーにより暴露された「事件」である。クライメート(気候)ゲートと名付けて、今後、温暖化が人為的なものなのかどうか、論議が白熱しそうだ。

 成り行きを注目したい。2009.12.09

|

« 3Dはすごい カールじいさんの空飛ぶ家 | トップページ | SL列車「三等車」に乗って 晩秋の大井川鉄道本線 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533942/46978765

この記事へのトラックバック一覧です: サイエンススキャンダル 脳科学と温暖化と:

« 3Dはすごい カールじいさんの空飛ぶ家 | トップページ | SL列車「三等車」に乗って 晩秋の大井川鉄道本線 »