« チンパンジー、見返りがなくても利他行動  | トップページ | 安全装置付きの絞首刑台 脳直撃の絶叫マシン、恐怖と快感と »

総理の余裕 ? 鳩山首相が梅干し入りお湯割り焼酎をつくってくれた訳  

 先日、鳩山由紀夫首相が、官邸生活だけでは息が詰まるというので、恵比寿の居酒屋のハシゴをした話をここに書いた。二番目の行き先、会合先で待っていたのは、誰かと思ったら、なんと政治家なんかではなく、意外にも惑星科学者の松井孝典・千葉工大惑星探査研究センター所長だったという。「週刊文春」2009.10.15号の「鳩山由紀夫と小沢一郎 50人の核心証言」の記事に出ている。さすが

 宇宙人、鳩山首相

である。どんな話をしたのかと思ったら、松井氏はこう語ったという。同誌によると、

 火星に生物がいる可能性

について、松井氏が語り、首相は「身を乗り出して聞いていた」そうだ。松井氏は、火星儀をプレゼントしたらしい。「時折、宙に(火星儀を)掲げて、しげしげと眺めて」いたらしい。その間、ずーっと、梅干し入りの焼酎のお湯割りをつくってくれたらしい。

 故人献金問題をかかえる首相だが、懇談会の席で、焼酎をつくりながら火星儀を「ずーっと」ながめるなんて、大した余裕のようにもみえる。2009.10.16

|

« チンパンジー、見返りがなくても利他行動  | トップページ | 安全装置付きの絞首刑台 脳直撃の絶叫マシン、恐怖と快感と »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533942/46501113

この記事へのトラックバック一覧です: 総理の余裕 ? 鳩山首相が梅干し入りお湯割り焼酎をつくってくれた訳  :

« チンパンジー、見返りがなくても利他行動  | トップページ | 安全装置付きの絞首刑台 脳直撃の絶叫マシン、恐怖と快感と »