« 鳩山首相の所信表明演説とアインシュタイン博士 | トップページ | 口笛で会話するトルコの村 2キロ離れていてもOK »

静岡県の「上高地」 さわらじまの紅葉

 こんなことを言っては、静岡県の人に怒られるだろうか。

 「さわらじま」は、静岡県の上高地

 ロッジに1泊して、先の土曜日、日曜日、南アルプスの登山基地となっている静岡市最北端に近い「さわらじま」の紅葉を見に入った。簡単に言えば、「さわらじま」は大井川の源流の地である。間近に悪沢岳、聖岳を眺めながらの

 素晴らしい紅葉

だった。山岳写真家の白旗史朗さんを中心とした「南アルプス100人会議」にも出席した。話題になったのは、

 シカ食害対策

だった。何らかの原因でシカが増えて(例えば森林伐採でエサが増えて)、1頭当たりのエサの量がもともとの棲み処の低地では少なくなり、そして温暖化もあってか、どんどん亜高山帯から高山帯にエサを求めて仕方なく上ってきて、高山植物を食べてしまうというのだ。そのため、南アルプスの高山植物が20、30年前にくらべて、激減しているのだ。かつては「足の踏み場もない」ほど咲いていたのが、今では、「まるで掃除機ではいたように」高山植物が消えているという。白旗史朗さんの怒りを込めた会議での証言である。

 食害対策にはどんな問題点があるか、それを探ることもさることながら、また、シカ生息の実態調査もさることながら、当面まず、緊急に必要なのは、シカの頭数の調整、はっきり言えば捕殺だということを一応は理解できた。このままでは南アルプスの高山植物は「全滅する」と白旗さんは悲痛だった。会議には、動物、シカの立場から、こうした「シカ退治」に批判的な声は、動物愛護関係者がたぶんいなかったせいで、なかったが、動物愛護というか、シカ退治反対者の意見も聞きたいところだ。

 紅葉を愛でながら、食害の現場を亜高山帯ながらガイド役の専門家とともに見学した。

 伊豆半島では、全域で、伊豆市などが中心となり、毎年約5000頭前後を捕殺しているにもかかわらず、一向にシカが減少したという様子はないそうだ。これには、最近までメスを捕殺禁止だったこともあるが、静岡県の担当者によると、7000頭くらい毎年捕殺しないと、被害減少という効果がないらしい。最近ではメスも捕殺の対象になっているが、シカの繁殖力はそれくらい強力らしい(メスは毎年1頭の子を生むらしい)

 問題は、シカを捕殺して、その後、どうするか。焼却するか、補殺現場で埋めるか、あるいは食肉加工するかである。イノシシ肉は、ボタン鍋などの食習慣があるのに対して、シカ肉を食べるという習慣が日本文化には、一般化していない。ここにも補殺の難点がある。罠を仕掛ける、殺すのではなく誘い込みをする、などいろいろ対策は試みられているが、いずれも有効な対策とはなっていないのが現状だ。

 対策が遅れれば遅れるほど、食害に加速度がつく。まごまごしていて気づいたときには手遅れという事態にならないかという危機感が、会議の会場にはあった。

 南アルプス/シカ食害対策 連携を強め共生を総合的に

ということを痛感した。

 問題は、どう総合的に、取り組むか

である。3県、環境省の連携と言うことになるが、

 南アルプス高山植物保全計画の策定が進行中

で、08年度に基本計画がまとまるそうだ。今年度、来年度にも環境省は3県とともに計画を実行に移すという。こうなると、増えたシカを退治すればいいという単純なむ問題ではなく、

 生物多様性の確保

という観点も大事であろう。シカとの共生をどう図り、生物多様性というバランスを保っていくかがポイントだろう。

 そんな思いで、静岡県よりも、高山帯を多く抱えてもっと深刻な長野県はどうかと思い、

 信濃毎日新聞の社説

を調べてみた。最近はこうだ。

 温暖化と高山 深刻な環境に目を 2009年9月11日付

 シカ害対策   連携を強めて総合的に 2009年6月29日付

 いずれも、なかなかシカ食害対策の有効でうまい解決策に踏み込めていない。シカの補殺という言い方にしても、「個体数を減らす」「個体数の調整」という言い方になっているところに、この問題の難しさが垣間見える。2009.10.28

|

« 鳩山首相の所信表明演説とアインシュタイン博士 | トップページ | 口笛で会話するトルコの村 2キロ離れていてもOK »

ニュース」カテゴリの記事

コメント


昨日工 ロ カッコイイ系?の子ゲトったんだが・・・
手 コ キとデ ィ ー プ ス ロ ー トがパネェwwwwwwwww
ぶっちゃけ俺イ クまで30分はかかんのに5分でイ かされたし(^^;

んな事より、ゴックンしてくれたうえに5 万くれたんすけどwwww
これイミフなビ ッ チ多すぎwwwwwwww

http://mata.yescompile.com/r6uggt3/

投稿: 真面目人間涙目wwwww | 2009年11月 3日 (火) 12時17分

猪や鹿対策に狼の導入 参照 http://japan-wolf.org/content/faq/

投稿: 名無し | 2013年1月28日 (月) 07時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533942/46607459

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡県の「上高地」 さわらじまの紅葉:

« 鳩山首相の所信表明演説とアインシュタイン博士 | トップページ | 口笛で会話するトルコの村 2キロ離れていてもOK »