« あの日を思い出して 東海臨界事故に関連して | トップページ | パンダのフンでごみ減量 ユーモア研究「イグ・ノーベル生物学賞」 »

「中秋の名月」なんて知らない なんと20代2割強

 今日10月3日は、旧暦の8月15日、つまりは、

 中秋の名月

の満月。お月見を楽しむには持って来いの土曜日で、快晴だ。ところが、

 20代の21.1%が「聞いたことがない」

という驚くべきデータについて、10月5日付「日刊ゲンダイ」が紹介している。一面トップ

 1016年五輪開催/ リオに決定/ 2回戦敗退 東京 石原(都知事)大罪

の影に隠れて目立たないが、日本文化もここまで来たか、とショックだった。どういうわけか、コニカミノルタホールディングスが主に東京都、神奈川県など首都圏の成人を対象に行った調査だ。20代を含めた全体でも10.5%が知らないと言うのだから、二度びっくりだ。

 この中秋の名月を見上げながら、落選した石原慎太郎都知事は、

 (3期目の公約として招致をかかげた)石原の、石原による、石原のための五輪招致

失敗に、どんな無念、残念の思いを語りかけたのであろうか。

 桐一葉、落ちて天下の秋を知る

であろうか。いや、石原都知事に、そんな機微は通じまい。

 ところで、この落選に一番喜んだのは、何を隠そう、この3年振り回され続けた都庁幹部職員だったと「日刊ゲンダイ」は分析している。「これで終わった。当選して、これ以上振り回されてはかなわない」。そのとおりだろう。2009.10.03

|

« あの日を思い出して 東海臨界事故に関連して | トップページ | パンダのフンでごみ減量 ユーモア研究「イグ・ノーベル生物学賞」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533942/46382346

この記事へのトラックバック一覧です: 「中秋の名月」なんて知らない なんと20代2割強:

« あの日を思い出して 東海臨界事故に関連して | トップページ | パンダのフンでごみ減量 ユーモア研究「イグ・ノーベル生物学賞」 »