« NASA「火星有人飛行は究極の到達点」 足がかりの月探査、資金不足 | トップページ | ビートルズ、ビートルズ 深夜ひとりで飲む酒は »

鳩山論文、りっぱな政治哲学だ びっくりの「宇宙人語録」

 どうやら英文要約と日本語全文を読み比べてみると、大違いということが分かった(日本語全文の忠実な全文英文翻訳は、鳩山由紀夫ホームページにある。英文要約は、これを基にかなり後ろの部分をコンパクトにまとめた)。そんな思いでいたら、同じ感想が、9月10日付静岡新聞「時評」に載っていた。慶応大学名誉教授の矢作恒雄(やはぎ つねを)さんが

 鳩山次期総理の論文 反米か親米か 次元超える

として、オリジナルの日本語全文について「リーダーとしての理念、明確なビジョンそして戦略をこれだけ論理的に示した我が国の首相が今までにいただろうか」と激賞している。同氏は、胸を張って世界のリーダーたちに鳩山論文全文の一読を勧め、あらゆる機会をとらえて大いに議論すべきであるとまで言い切っている。

 これほどベタほめしていいか、とまどうが、確かに一読の価値はある。論理的で格調も高い。内容もある。

 祖父・一郎に学んだ「友愛」という戦いの旗印

と題された原文は、公示日前に発行された月刊誌『Voice』(9月号、PHP研究所)に「特別寄稿」として掲載された。

 出だしは、こうだ。

 現代の日本人に好まれている言葉の一つが「愛」だが、これは普通(love)のことだ。そのため、私が「友愛」を語るのを聞いてなんとなく柔弱な印象を受ける人が多いようだ。しかし、私の言う「友愛」はこれとは異なる概念である。それはフランス革命のスローガン「自由・平等・博愛」の「博愛=フラタナティ(fraternite)」のことを指す。祖父、鳩山一郎がクーデンホフ・カレルギーの著書を翻訳して出版したとき、このフラタナティを博愛ではなく、友愛と訳した。それは柔弱どころか、革命の旗印ともなった戦闘的概念である。

 そして、論文は「クーデンホフ・カレルギーは」と続くのである。実に論理的である。

 ずっと読んでいくと、「地域主権国家の確立」「衰弱した「公」の領域を復興」などについて、その政治哲学を披瀝している。地域主権国家の確立は、「友愛の現代的政策表現であり、これからの時代の政治目標にふさわしい」としている。その上で、米主導の「経済グローバリゼーション」を否定しているとして、アメリカで物議を醸し出した

 「アジア共通通貨」創設構想

が提唱されている。「地域主権国家の確立」の一つの帰結として

 ナショナリズムを抑える東アジア共同体

を提唱している。そして、これを前提に、アジア共通通貨創設が提唱されており、その「実現には10年以上の歳月を要する」としている。長文の特別寄稿のほぼ最後に当たるところで、今回のような世界金融危機後の対応もこうした構想の下に対応していくべきだとしている。

 この日本語原文を英文要約したものが、衆院選投票日直前の8月27日付米ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)「投書欄」に掲載された。英文要約は鳩山氏本人によるものではないのだ。厳密には鳩山氏の寄稿ではない。英文要約のタイトルは

 A New Path for Japan  

 である。原文とは随分異なるタイトルである。これだけ見ても、日本語全文と英文要約は全然異なると言えそうだ。翻訳と、そのまた要約で、原文の真意がほとんど伝わらないという「英文化された要約」の怖さだ。

 ところで、そんな鳩山論文だが、

 9月11日付毎日新聞広告によると、表紙に鳩山氏の全身写真が載っている

 『新総理 鳩山由紀夫の宇宙人語録』(双葉社、鳩山由紀夫研究会著)

は、広告にこうある。

 「私もアルカイダの友人の友人の兄貴です」

 「宇宙人になりたいと思っているんです。地球人を超えたい」

 「親の七光どころか私は二十一光」

 「日本列島は日本人だけの所有物ではない」

 「UFOという物の存在も、頭の中では理解しています」

というような「75のことば」が掲載されているらしい。

 こちらのほうは、格調も高くないし、論理的でもない。本当の鳩山由紀夫はどっちだ。

 わからん。恐るべし、鳩山由紀夫新総理。2009.09.11

|

« NASA「火星有人飛行は究極の到達点」 足がかりの月探査、資金不足 | トップページ | ビートルズ、ビートルズ 深夜ひとりで飲む酒は »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533942/46181258

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山論文、りっぱな政治哲学だ びっくりの「宇宙人語録」:

« NASA「火星有人飛行は究極の到達点」 足がかりの月探査、資金不足 | トップページ | ビートルズ、ビートルズ 深夜ひとりで飲む酒は »