« 焼酎ハイボールと宇宙技術 意外な関係にびっくり | トップページ | 冬の大雪山に降る雪の巨大結晶 ワンダー×ワンダー »

65%以上が死刑囚 中国の臓器提供

 明日は、衆院選の投票日とあって、世の中、騒然としている。そんな中、8月29日付静岡新聞国際面を見て、

 やっぱりそうか、死刑囚か。臓器提供の準備が万端整ってから、死刑執行をすれば、こんな好都合なことはない。人権くそ食らえのいかにも中国らしい合理主義である。臓器移植はビジネス、共産党公務員の銭儲けの手段なのだ。

 そんなことを強く印象付ける北京共同伝の記事が出ている。

 65% 以上が死刑囚/ 中国 一般ドナーわずか

である。こんなことは、以前からわかっていた。しかし、今回は中国衛生省の次官が、中国で行われている臓器移植の65%以上は死刑囚が提供していると明らかにした。記事によると、中国は年間約1万1千件の臓器移植を行っている。しかし、ある専門家は過去約6年間に一般の人のドナーは全国でわずか130人。

 だから、65%はほんの一部であり、実際は9割以上は死刑囚ではないか

ということになる。銭、金がすべての中国人のことだから、当然、死刑囚の臓器は高い値段で、おそらく共産党員が売りさばき、そのカネはわが懐に入れているのだろう。

 中国では、臓器移植は、死刑執行はおいしいビジネスなのだ

そんな想像ができる。

 記事によると、中国で臓器移植を待つ患者は150万人という。それでも中国では臓器不足が深刻化している。これこそビジネスチャンスであり、今後、死刑執行の増加、それに伴って死刑囚を増産する政策が進むことだろう。

 問題なのは、これに便乗して、日本人も、こっそり、移植のために中国に出かけているようなのだ。こっそりだから、移植が失敗しても中国人はカネだけとって知らんぷり、日本人は泣き寝入りだし、こっそりだから、高額な移植金をふんだくられていることだろう。

 社会主義とは、しょせん、人間を徹底的に食い物にする、おぞましい社会体制だということが、ふたたびここでもあらためてわかる。2009.08.29

|

« 焼酎ハイボールと宇宙技術 意外な関係にびっくり | トップページ | 冬の大雪山に降る雪の巨大結晶 ワンダー×ワンダー »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533942/46062596

この記事へのトラックバック一覧です: 65%以上が死刑囚 中国の臓器提供:

« 焼酎ハイボールと宇宙技術 意外な関係にびっくり | トップページ | 冬の大雪山に降る雪の巨大結晶 ワンダー×ワンダー »