« 「感動する脳」 共同幻想の高等ニセ科学 | トップページ | 雑誌ジャーナリズムの受難 若者を置き去りにしたツケ »

ドラマ「MR.BRAIN」 木村拓哉「脳はウソをつけない」

 NHKの番組広告的な映像にはむきだしの脳が二本の足で歩いて、「学ぶ冒険」とナレーションが入る。ユニークで面白い。それなら、もっと面白くしてやろうというわけでもないのだろうが、

 SMAP木村拓哉が警察庁科学警察研究所の脳科学研究室を舞台にドラマ「MR.BRAIN」(TBS=SBS系)

に脳科学者として出演する。放送は土曜日夜だという。人間は平気でウソをつく。しかし、人間の「脳はウソをつけない」というのが捜査手法で、どうやらさまざまな脳科学の手法や成果が登場するらしい。もはや、刑事は靴を磨りへらして、犯人を追うというのは古いらしい。最新の機器を駆使する、最新の脳科学の成果を駆使する。もう、DNA鑑定なんて古い、古い。脳科学者が犯人の脳に迫るというわけだ。

 脳を知れば、犯人がわかる

というわけだ。ドラマだからいいようなものの、超能力者刑事というべきか、ともかくニセ脳科学研究室の物語なのである。

「へえ、そうなの」

と視聴者が本気で信じてしまうのが、心配。なに、視聴者はそれほど単純でも、ばかでもない。ある解剖学者の大ベストセラー『バカの壁』を突き破るには、よいドラマかもしれない。2009.05.21

|

« 「感動する脳」 共同幻想の高等ニセ科学 | トップページ | 雑誌ジャーナリズムの受難 若者を置き去りにしたツケ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533942/45082561

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「MR.BRAIN」 木村拓哉「脳はウソをつけない」:

» 最近面白かった本は? [ろーりんぐそばっとの「ため口」]
ブログネタ:最近面白かった本は? 参加中 本じゃないけどさ Mr.Brain つまんなかったなあ。 24 -TWENTY FOUR- CSI:科学捜査班 みた... [続きを読む]

受信: 2009年5月26日 (火) 12時40分

» 呼吸調整機構 [哲学はなぜ間違うのか?]
血液中の二酸化炭素濃度がある程度上がると血液は酸性になる。血液酸性度のこの変化を [続きを読む]

受信: 2009年5月28日 (木) 20時44分

« 「感動する脳」 共同幻想の高等ニセ科学 | トップページ | 雑誌ジャーナリズムの受難 若者を置き去りにしたツケ »