« 新聞記事を裏読みする 核兵器廃絶へノーベル平和賞17人宣言  | トップページ | ドラマ「MR.BRAIN」 木村拓哉「脳はウソをつけない」 »

「感動する脳」 共同幻想の高等ニセ科学

 天体物理学・宇宙論で世界的に知られる池内了さんが、富士ゼロックス隔月広報誌「グラフィケーション」に十年以上の長期連載をしていて、私も愛読者である。

 「現代科学の見方・読み方」

という統一タイトルで、2008年9月号は、ちょっと変わった

 共同幻想としての「疑似科学」

を取り上げている。いわゆる今流行の「ニセ科学」について、書いている。近著『疑似科学入門』(岩波新書)の紹介も兼ねているようだ。面白いのは、ニセ科学にも三種類に分類されるという点である。

 第一は、心にかかわる問題であり、占い系、超能力系、宗教系である。第二は、科学用語を意図的に乱用、誤用、悪用して科学的な装いで商売に結びつけるビジネス系。健康食品に多い。かつてのマイナスイオン、最近のクラスター水などなどだ。商売ではないが、「水からの伝言」などもこの類である。

 第三は、現代科学でははっきり結論が出せないことをいいことにその分野に踏み込んで、あたかもこれが真実であるかのように喧伝するグレーゾーン系。こんなものがはやるのは、現代人が、手っ取り早く結論がほしいという思考停止に陥っているからだという。つまり、疑似科学=ニセ科学には思考停止系があるのだ。

 この思考停止系のニセ科学がそれなりに社会に受け入れられる背景には、それなりに理由がある。それは共同幻想である。簡単に言えば「肩書きが共同幻想を作りだし疑似科学を振りまいているのだ」。

 ぐだぐだと書いてきたが、具体的な例で言えば、脳科学だ。アメリカで1990年代を「脳の十年」として、研究が集中的に行われた。日本でも少し遅れて、最後の暗黒大陸、脳の科学に研究資金を積み込み、現在も、活発な研究が行われている。医学としての脳だけではなく、人工知能AIなども相当な進展している。しかし、まだまだ道半ばであり、未解明な分野が多い。むしろ、端緒についたというのが実態だろう。そこに目をつけた脳ニセ科学がはびこるのである。

 たわいのないものには、『営業脳をつくる!』と、五日間で効果が出る秘密を大公開というのがある。しかし、歴とした脳科学者が『感動する脳』といういエッセイなのか、脳科学の成果を踏まえた解説書なのかわからないもっともらしい近著を出している。感動脳の育て方を伝授するというわけだ。一読してみると、「脳科学で感情というのを一言で表すなら、『生きる上で避けることができない不確実性への適応戦略』ということになるでしょう」。感情は不確実性への適応戦略だというのだ。感情は戦略だというのだ。わからない。そしてまた、生きる上で避けることのできない不確実性とは、わかるような気もするが、何なのだろう。宣伝文句に「感動で脳は進化するか」となっているから、この部分は肝心な部分だが、わからない。感動という非常に短い時間の出来事が、なぜ、進化というとてつもない長い時間の現象に影響を与えるのだろうか。感動はDNAに突然変異を起こさせる力があるのだろうか。わからない。それなのに、なんとなく、意味もわけもわからずにありがたがって信じてしまいそうなのは、共同幻想なのだ。肩書が物を言っている。

 テレビなどでも活躍しているこの脳科学者の経歴を奥付で見ると、ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー、東京工業大学大学院連携教授、東京芸術大学非常勤講師。東京大学理学部、法学部卒。同大学院(理学:系)修了。理学博士。理化学研究所、ケンブリッジ大学を経て現職。

 立派な経歴をこれだけこれでもか、これでもかと並べられたら、本の内容がひょっとしてでたらめではないかという疑いを持つまもなく、そのまま信じてしまうだろう。誰も疑いを差し挟まない。出版社の担当編集者ですら、吟味するのが仕事のはずだが、内容に疑問を抱かない。これが共同幻想であり、ミソなのだ。

 この本のほかの部分は、たいてい、他愛のないもので、害もないし、益もない。退屈な話が続く。が、ときどき、上記のような目くらましのような言葉がちりばめられているので、だまされやすい。かなり高度なテクニックである。疑似科学をもてあそんでいるとは本人も含めて誰も気付かない。

 第三種のニセ科学は、高等なテクニックが売り。だれにでもできることではない。知恵者でなくては、とてもできない芸当なのだ。その分、本気で信じる人も出てくるだけに悪質とも言えるだろう。消費税込みで580円の罪は重い。2009.05.21

|

« 新聞記事を裏読みする 核兵器廃絶へノーベル平和賞17人宣言  | トップページ | ドラマ「MR.BRAIN」 木村拓哉「脳はウソをつけない」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533942/45073750

この記事へのトラックバック一覧です: 「感動する脳」 共同幻想の高等ニセ科学:

« 新聞記事を裏読みする 核兵器廃絶へノーベル平和賞17人宣言  | トップページ | ドラマ「MR.BRAIN」 木村拓哉「脳はウソをつけない」 »