« 青年よ、深き志をいだけ 伊藤和也が渇いた大地にまいた種 | トップページ | 異議申し立てる『悪党の金言』  一匹狼たちの孤独な戦い »

暴走するネット医師の本音 会員制医療サイト「m3.com」

 科学ジャーナリストに限らないが、ジャーナリストたるもの一面的な見方を提示するだけでは、真相にせまることは難しい。多面的な見方を提示できなければならない。この欄で、以前、『ルポ 医療事故』(朝日新書)を紹介した。これは、被害者側からみた医療事故の報告である。もちろん、この中にも、医療側の報告もあることはあるが、そこからは、医師個人の本音、心の奥底はうかがいにくい。本音はどうなのか、それが分からない。隔靴掻痒の感がまぬがれない。

 ところが、医師が本音をあからさまにぶちまけている日本最大規模のサイトがある。医療従事者専用の会員制専門サイト「m3.com」(http://m3.com)である。ソニーグループの医療専門サイトで、約17万人の医療関係者が会員である。医師、看護師、薬剤師、医学生が対象である。その中に、医師に限定した

「Doctors Community」

という掲示板がある。国内最大規模の医師限定の掲示板だという。治療法、時事情報などの意見交換が行われているようだ。それはそれで、日本の医療界が医療の質向上に向けて共通の認識、あるいは意見の違いを明確にする場として大いに活用してもらいたいサイトである。

 ところが、一般には秘密のこのサイトには、医師たちの医療事故に対する公式発言とは別に、患者に対する激しい怒りなどを遠慮会釈なしに書き込まれていることを

近著 『ネットで暴走する医師たち』(鳥集徹(とりだまり・とおる)、WAVE出版)

で紹介というか、暴露している。医療事故の患者を、苦情を言い募る「クレーマー患者」と罵倒したり、無理難題をしつこくぶつけてくる「モンスター患者」と呼んで、激しく避難しているのだ。もちろん、ごく一部の医師であろうが、そして、連日のハードな仕事に対するストレス解消という面もあろうから、そのまま本音ばかりとは言い切れない。しかし、この本を読むと、医師も普通の人間であり、弱い立場の患者と知りつつも、公ではない場で、しかも、医師仲間しか見ない安心できる場で、罵倒したくなる気持ちはある程度理解できる。しかし、その言い方の激しさには、たじろがざるを得ない。マスコミは「マスゴミ」とさげすむ医師も少なくないという。とてもここでは紹介できないひどい言葉が多数、患者や家族・遺族に投げつけられている。

 この本のサブタイトルは、医療崩壊の深部で何が起きているか、となっているが、

 端的に言えば、深部で起きているのは医師モラルの崩壊

であろう。『ルポ 医療事故』に日本科学技術ジャーナリスト会議は、第四回の科学ジャーナリスト賞を決めた。むしろこの『ネットで暴走する医師たち』にすべきではなかったか。同会議の一会員として、おおいに反省した次第である。2009.05.05

|

« 青年よ、深き志をいだけ 伊藤和也が渇いた大地にまいた種 | トップページ | 異議申し立てる『悪党の金言』  一匹狼たちの孤独な戦い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>端的に言えば、深部で起きているのは医師モラルの崩壊

この要約の部分ですが・・・・・

もし、ご興味があれば
日本の「安心」は なぜ消えたのか 山岸俊男著

をお奨めします。ちがったものの見え方にきっとお気づきになれると思います。

投稿: 私も読みました。 | 2009年5月 7日 (木) 23時45分


何で? 何で6万も貰えたんだろ? wwww
騎 乗 位 セ ク ロ スしただけなんだけどなぁwwwwww

http://paipai.krieh.com/WXThu1C/

投稿: へ? | 2009年5月 9日 (土) 12時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533942/44906388

この記事へのトラックバック一覧です: 暴走するネット医師の本音 会員制医療サイト「m3.com」:

« 青年よ、深き志をいだけ 伊藤和也が渇いた大地にまいた種 | トップページ | 異議申し立てる『悪党の金言』  一匹狼たちの孤独な戦い »