« 言うは易く行うは難し P.クルーグマンの懺悔 | トップページ | 最高裁判決を読む 「疑わしきは裁判官の利益に」再考 »

ダーウィンもびっくり イグアナが手で窓開けて逃亡

  出勤前のひととき、時計替わりに平日朝、「みのもんたの朝ズバッ!」(TBS:系=SBSテレビ)を見ている。天気予報と新聞拾い読みが楽しみなのだが、4月16日の番組を見て、びっくりした。神奈川県厚木市の比較的に若い男性が自宅部屋で飼っていたイグアナが、なんと、自分の手(前足)で窓を開けて、逃走したというのだ。これにはびっくりした。何がかというと、両生類が、窓の(ガラス)戸を、前足で右から左に水平に動かして、窓を開けたということを飼い主の男性が(おそらく見ていたのであろう)、その様子をカメラの前で自分の手でやってみせたのである。その具体性から判断して、イグアナが前足で窓を開けたのは事実であろう。それも、偶然開いたというのではなく、意図的に窓を開けたと考えられる。ちなみに、このイグアナの名前は「ミドリ」。なるほど体全体は薄緑色をしている。映像の持つ迫力である。新聞の活字ではこの迫力は出せない。

 とすれば、両生類のイグアナの知能は相当なものである。人やサルなどを除けば、より進化している哺乳類でも、こんなことはできないのではないか。かの進化論のダーウィンが見たら、卒倒したであろう。知能の高さは人間のような大きな大脳があるかどうか、とは無縁ではないか。

 おそらくペットとして飼っていたのだろうが、進化論の観点から、動物が道具を使う様子がないかどうか、いろいろなペットについて間近に観察すると、意外なペットの行動が見えてくるように思う。人間だけが知能を持っている、人間だけが道具を使うと不遜なことを考えていたら、大間違いだとなる。2009.04.16

|

« 言うは易く行うは難し P.クルーグマンの懺悔 | トップページ | 最高裁判決を読む 「疑わしきは裁判官の利益に」再考 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

投稿: sazyfxmj | 2009年5月11日 (月) 06時16分


ふぉあぁあああ過去最高だったので報告ッスヽ(゜∀゜)ノ!!!!!
パイズリフェラがメインだったけどケツと玉で遊ばれた時が一番ヤバかったw
玉を口に含みながら指でGスポ刺激ってどこの嬢だよwwwww
不感症ぎみの俺ですらアヒアヒ言うくらいだからガチだわコレwww

http://papapai.younube.net/Fa5encq/

投稿: お待たせ(・∀・)!! | 2009年5月25日 (月) 12時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533942/44686168

この記事へのトラックバック一覧です: ダーウィンもびっくり イグアナが手で窓開けて逃亡:

» ケノーベルからリンクのご案内 [ケノーベル エージェント]
厚木市エージェント:記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載しました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2009年4月17日 (金) 09時57分

« 言うは易く行うは難し P.クルーグマンの懺悔 | トップページ | 最高裁判決を読む 「疑わしきは裁判官の利益に」再考 »