« WBC  さすが戦略家カストロの日韓戦分析 | トップページ | 静岡県知事が辞職表明 「君子は豹変す」対「トカゲのしっぽ切り」 »

『黒い樹氷』  南国に黒い雨が降る越境汚染 

 こういう地方からのドキュメンタリー番組こそ、ほかの地方でも放送してもらいたいと思う。そんな番組が、第50回科学技術映像祭(日本科学技術振興財団主催)で最優秀科学技術映像賞となった。3月26日付「毎日新聞」朝刊、ベタ扱いで小さく出ている。

 『黒い樹氷 自然からの警告』(RKB毎日放送=福岡市)  2008年12月放映

 「黒い樹氷」は、「大陸から吹く風に乗って有害物質が国内に飛来し、長崎・雲仙普賢岳の樹氷など自然界が汚染されている実態を報告した」。こうした国境を越えた、いわゆる越境汚染について、番組は一年以上に及び、丹念な取材を行っている。

 最近、環境省も沖縄本島(辺戸岬=へどみさき)で、大陸から有害な重金属、水銀が飛来している実態を同省ホームページで公表している。静岡新聞でも、3月23日付で報道している=共同。こうした問題は、本州にも黄砂が飛来することが春先にはしばしばあり、他人事ではない。決して、西日本問題として片付けてしまってはなるまい。 2009.03.26

  内閣総理大臣賞の「黒い樹氷」は、今後、全国13都市の科学館などで上映される。問い合わせは日本科学技術振興財団(03-3212-8487)

 

|

« WBC  さすが戦略家カストロの日韓戦分析 | トップページ | 静岡県知事が辞職表明 「君子は豹変す」対「トカゲのしっぽ切り」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533942/44470875

この記事へのトラックバック一覧です: 『黒い樹氷』  南国に黒い雨が降る越境汚染 :

« WBC  さすが戦略家カストロの日韓戦分析 | トップページ | 静岡県知事が辞職表明 「君子は豹変す」対「トカゲのしっぽ切り」 »