« 静岡県知事が辞職表明 「君子は豹変す」対「トカゲのしっぽ切り」 | トップページ | 目からウロコ なるほど1万人マラソンの「ネットタイム」 »

オーマイガッド!  ネット新聞「オーマイニュース」の廃刊

 二年半ほど前、鳴り物入りで毎日新聞出身の鳥越俊太郎氏が初代編集長になってスタートしたインターネット新聞「オーマイニュース日本語版」(オーマイニュース社)が来月下旬に「廃刊」される。「市民みんなが記者」の旗印の下、もともと韓国で発足。廃刊の理由は、これまた世界的な景気後退に伴う「広告収入の大幅減少」だという。二代目編集長は体調不良を理由に退いた鳥越氏に代わって、元「週刊現代」編集長。ただ、本家の韓国(韓国語版)では発刊は続けられるという。英語版も続けられているという。

 一週間程度の簡単な記者教育を受けて、市民がニュースを掘り起こすというものだが、批判精神を持ってありきたりではない出来事を見つけ出し、それを達意の文章にしなければならないジャーナリストがそう簡単に養成できるものではないことを如実に示した。市民ジャーナリズムとか、パブリック・ジャーナリズムとは言っても、なかなか職業ジャーナリストに太刀打ちするのは難しい。競争するのではなく、独自の特徴を打ち出す、例えば、地域の問題を市民記者とともに考え、解決するタイプのジャーナリズムなど、有効な視点が要る。

 この二年半で、ブログ炎上ならぬ「ネット炎上」を「嫌韓」問題などで引き起こすなど、本家・韓国対分家・日本の間でトラブルが続いていた。鳥越氏の体調不良もこうしたトラブルとは無縁ではないだろう。

 また、世界的な景気後退前、すでに、日本にも市民ジャーナリズムの確立を目指す当初の目的は放棄されており、記事内容も学校の「感想文」程度のものになり、とてもニュースとは言えないものになっていたことを考えると、景気後退を口実にしたこれ幸いの廃刊、撤退であろう。 2009.03.26

|

« 静岡県知事が辞職表明 「君子は豹変す」対「トカゲのしっぽ切り」 | トップページ | 目からウロコ なるほど1万人マラソンの「ネットタイム」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533942/44472254

この記事へのトラックバック一覧です: オーマイガッド!  ネット新聞「オーマイニュース」の廃刊:

« 静岡県知事が辞職表明 「君子は豹変す」対「トカゲのしっぽ切り」 | トップページ | 目からウロコ なるほど1万人マラソンの「ネットタイム」 »