トップページ | 「科学と社会」について »

左側のない不思議な世界に、ようこそ。

 左側のない男。なんとも不思議なタイトルです。しかし、現実に、この地球上の人間には、両眼が正常なのに、左側を認知できない、そのような女性、男性がいます。ただし、本人は、夢にもそのことに気付いていない。鏡の真正面に座ってもらっても、やはり、本人は左側が存在することに気付かない。

 つまり、光を感じることと、見えることとは別、そんな世界です。光を感じるのは眼の構造に関係します。しかし、見えることには脳の機能が関係します。

 そんな男性、女性が見るこの世界とはどんなものなのでしょうか。そんな不思議な世界を想像しながら、正常な世界をのぞいてみましょう。

 「科学と社会」をテーマに、常識を疑うブログです。

|

トップページ | 「科学と社会」について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 毎朝、出勤前にヘアをきちんとセットする習慣はあります。ただ、右側だけは、きちんといかにもサラリーマンらしいヘアスタイルにするのですが、なぜか、左側には櫛さえ入れず、ボサボサのまま出勤して平気なのです。本人はビシッときめているつもりなのです。他人が指摘にしても、何のことかさっぱり理解できないというのです。こんなことある?

投稿: 正男 | 2009年2月 9日 (月) 15時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533942/44007312

この記事へのトラックバック一覧です: 左側のない不思議な世界に、ようこそ。:

トップページ | 「科学と社会」について »