文化・芸術

2014年11月 2日 (日)

ノーベル賞の蜆塚中学校で「わくわくWS」 

Imgp6105 (2014.11.02)  近所の中学校が地域の住民といっしょに開く地域文化祭に、去年に続き、今年も先日、佐鳴湖シジミプロジェクト協議会として出展した。

 雨だったせいか、人の集まりはやや少なかった。が、会場の中学校がなにしろ、今年のノーベル物理学賞の天野浩さんの母校、蜆塚中学校(浜松市)ということで、わたしたちも力を入れて、湖のシジミの再生について、見に来やてくれた児童、生徒やその家族に説明した。

 児童生徒ということで、むずかしい話はあまりせず、新しいゆかいな「ゆるキャラ」ロゴを披露した。写真がそれ。

 Cid_02c1f2271e2b4005ada675aaadf8b_2 家康くんを取り入れたもので、新会員の田中律子さんが考案してくれた。いかにもピアノ教師らしく、巧みに音符を取り入れてくれていた。

これによって、新しいボランティアが増えることがおおいに期待される。

 今後も、これをもとにいろいろなバリエーションをつくり、広報活動に生かしていきたい。

 ● ゆるキャラ新ロゴの展示も

 さて、展示会場の様子は写真の通り。

 また、このときに展示された辻野兼範副会長のパネル9枚も、ここに改めて掲載しておきたい。2008年ごろから、2012年すぎまでの成果をまとめたものである。

 新しい体制になってからの、そして、ボランティアが参加するようになってからの、その後の2年間についても、掲載しておく。

 ( 写真はいずれもダブルクリックで拡大できる)

 Imgp6072

Imgp6099

Imgp6083  

 Imgp6091

● パネル展示

Imgp6075

Imgp6076

Imgp6079

Imgp6080

Imgp6081

Imgp6086

Imgp6087

Imgp6088

 Imgp6089

Imgp6100  

| | コメント (0) | トラックバック (0)