« 湖沼の水質保全 宍道湖の場合  ---------  佐鳴湖講演会2016 | トップページ | 主な対外活動のまとめ - 2015年度 »

2016年3月16日 (水)

コラム シジミ博士の「本気でやるのなら」 -- 日本一小さな研究所の志操と誇り

(2016.03.15)  宍道湖はその美しい夕日で全国に知られている。その絶景ポイント近くに

 日本一小さな研究所

がある。シジミ博士(水産学)として知られる中村幹雄さん率いるわずか10坪ぐらいのスペースしかない日本シジミ研究所(島根県松江市)である。場長だった島根県水産試験場を早期退職し中村さん1人で立ち上げてまもなく14年、今ではシジミに魅せられた若者男女10人以上が調査に毎日汗を流しているという。研究所は狭いが、自慢は調査船が10隻以上もあることだ。

 Imgp9231_13 ブログ子が、そんな研究所を宍道湖で早朝操業するシジミ漁船のなかから拝見したのは、昨年9月だったが、先月2月、佐鳴湖シジミプロジェクト協議会が企画した講演会

 汽水の恵み -ヤマトシジミ - 

の講師としてお招きした。その折、浜松市内で酒を酌み交わしながら、お話を聞く機会にめぐまれた(写真右=浜松市内の居酒屋風ダイニングで)。お酒も適度に回り、いろいろな話がでたところで、研究所の運営について聞いてみた。

 「オレについてこいということだ。本気で研究所で働くつもりならば」

という強いリーダーシップだった。オレの子分になる気があるか、というのだ。これこそ小回りの効く研究所の持ち味を引き出すコツであると言いたかったのだろう。

 いかにも、定年を待たずに早期退職した中村さんらしい。大学卒業と同時に、アフリカのケニアに青年海外協力隊員として2年間出かけた中村さんの個性ともいえる。これには卒業した北大というユニークな校風もまた影響しているにちがいない。

 そんな話を聞いた翌日、講演を聞いたわけだが、講演中も、終わったあとの行政も含めた参加者たちとの間の活発なやり取りの間にも、しばしば

 「本気でやるのならば」

という言葉を使っていた。これが元行政組織の長であった中村さんから発せられると、辛口の鋭い響きに聞こえる。大きな組織にかぎらず、その場かぎりの事なかれ主義があまりにも多い。中村さんはこのことと、40年以上も闘ってきたのだろう。

 そこには、小さくはあっても研究所をなんとか率いてきた男の志操と誇りが込められている。そして、それは、ブログ子たちのシジミプロジェクト協議会の活動のあり方に対しても向けられているのだと感じたし、真摯に受け止めなければならないとも思った。

 ● 来年秋、松江で全国シンポ

 シジミとかかわってかれこれ40年、中村さんは、今から10年前に

 「シジミの日」(4月23日)

を日本記念日協会に登録した。細る一方のシジミ漁やシジミそのものについて考える機会と位置づける。これにはかつてのように放っておいても、湧くように漁獲できた時代はもはや遠くすぎたという思いもあろう。

 宍道湖のシジミ漁船の上で、ブログ子は、

 そんな男にほれられた宍道湖のシジミはなんと幸せなんだろう

と思ったものである。

 中村さんは、その愛情の総仕上げとして、

 来年秋、全国シジミシンポジウム

を松江市で開きたいと、今、再調査も兼ねてせっせと全国の汽水湖行脚を続けている。

 ここに、厳しさと誇りとは別の、シジミにそそぐ心温かきもうひとつの熱情を感じるのは、ブログ子ひとりだけではないだろう。

 ● 補遺 同行のシジミ研究所研究員杉山ゆかりさん

    佐鳴湖シジミハウスで

Imgp9242 

  ハウス排水口付近で(右奥はせせらぎ水路)

Imgp9238 

   

       

|

« 湖沼の水質保全 宍道湖の場合  ---------  佐鳴湖講演会2016 | トップページ | 主な対外活動のまとめ - 2015年度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533942/63353220

この記事へのトラックバック一覧です: コラム シジミ博士の「本気でやるのなら」 -- 日本一小さな研究所の志操と誇り:

« 湖沼の水質保全 宍道湖の場合  ---------  佐鳴湖講演会2016 | トップページ | 主な対外活動のまとめ - 2015年度 »