« 北実験圃の育成カゴ、ほとんどが死貝 | トップページ | 台風18号翌日のハウスの状態と復旧 »

2013年9月13日 (金)

せせらぎ水路カゴ「引き上げ」事件について

(2013.09.13)  上記の件について、井上が9月13日、金曜日夕方17時ごろ、せせらぎ水路周辺を見回る。佐倉さんの言うとおり、元通りに育成カゴは水面下に沈んでいました。

 その時の様子は写真の通り(このときの佐鳴湖は下弦の月、あと2時間くらいで干潮を迎える)。

 なお、引き上げの発見をした見回りの細井さんとのやり取りの結果について、佐倉さんに次のように報告した。 

佐倉さま。
井上です。
井上が火曜日10日、夕方薄暗くなった18時半ごろ、水やりのためハウスに行きました。
ついでに、いつものようにせせらぎ水路を見回りました。
少し育成カゴが水面の上にあったことは記憶していますが、すべてのカゴが引き上げられたようには見えませんでした。
そして、翌日水曜日朝6時ごろに、細井さんが水やりにハウスに行ったときには、
カゴが引き上げられていた。異常事態があった。
しかも、引き上げられた金網は乾いていました。引き上げから時間がたっていたからでしょう。
ということは、私が見回った後の9月10日火曜日夜に何らかのイタズラなどの異変が起きたと いうことになります。
この件、細井さんと、先ほど(12日木曜日夜8時ごろ)電話で話し合った結果です。
以上、報告します。
育成カゴが散歩コースから見えないように、少し湖面側に、そして、上記写真にも見える柵の間に移動してはどうでしょうか。対策が必要な気がします。
 
Imgp0675_2 
 Imgp0676 
   ( 写真をダブルクリックすると、拡大される  )

 

|

« 北実験圃の育成カゴ、ほとんどが死貝 | トップページ | 台風18号翌日のハウスの状態と復旧 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533942/58185342

この記事へのトラックバック一覧です: せせらぎ水路カゴ「引き上げ」事件について:

« 北実験圃の育成カゴ、ほとんどが死貝 | トップページ | 台風18号翌日のハウスの状態と復旧 »