« 同行取材記 3 - 佐鳴湖南岸圃場 | トップページ | せせらぎ水路の白濁について  8月27日正午 »

2013年8月26日 (月)

同行取材記 4 - シジミハウス+せせらぎ水路

Imgp0371 (2013.08.26)  つづいて、一行は、佐鳴湖東岸のなかごろにある産卵など種苗のシジミハウスと、その近くの自然繁殖実験圃場(せせらぎ水路内)を訪れた。

 主として、佐倉康男さん、細井芳弘さんが説明と案内にあたった。

 訪れたときの全景が写真上。

 続いて、佐倉さんの案内で、ハウス内の様子を山室真澄さんに説明(写真中。真ん中に佐倉さん、奥は同行の谷幸則さん)。

 このときの山室さんの分析で、ハウス内での育成環境がいい理由について、具体的な解説があった(補遺参照。図の解説は戸田三津夫会長による)。

 Imgp0372 続いて、自然繁殖圃場のせせらぎ水路の視察。

 そのときの全景とヨシ周辺の水温などを調査する山室さんの様子が写真下。全景の中央は久保靖さん、右は谷さん。

 木陰にあるハウス内は31度前後なのに対し、午後3時ごろの測定で、浄化水のせせらぎ水路は33.5度。佐鳴湖の湖面温度は34-35度。

  これと並行して、環境微生物学が専門で同行の谷幸則さんがハウス内産卵育成水槽の上水を採取。分析のため持ち帰った(写真下)。

 この後、一行は、近くの蜆塚遺跡(浜松市博物館l隣接)を見学、椎ノ木谷に向った。

 翌日17日午前には、山室さんは戸田さんとともに、佐鳴湖の市民向け水質調査「夏」にも参加した(佐鳴湖地域協議会主催)。24回目を迎える今回には、近くの浜松大平台高校の生徒たちが先生引率の下に参加していた。

Imgp0370_3   Imgp0369_3

Imgp0367 

 ● 補遺 シジミハウスの水環境分析

|

« 同行取材記 3 - 佐鳴湖南岸圃場 | トップページ | せせらぎ水路の白濁について  8月27日正午 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533942/58068250

この記事へのトラックバック一覧です: 同行取材記 4 - シジミハウス+せせらぎ水路:

« 同行取材記 3 - 佐鳴湖南岸圃場 | トップページ | せせらぎ水路の白濁について  8月27日正午 »